芸能

わちみなみ×井桁弘恵 名門・修猷館出身グラドル対談が実現

わちみなみ(左)と井桁弘恵

 236年の歴史を誇り、「質朴剛健」「不羈独立」「自由闊達」を校是とする福岡県立修猷館(しゅうゆうかん)高校は、九州随一の進学校として知られる。同校出身のわちみなみ(2013年卒・明治大学へ)と井桁弘恵(2015年卒・早稲田大学へ)は、ともに有名私大を卒業しグラビアでも活躍する高学歴タレントだ。プライベートでも交流がある二人が、名門校出身ならではの喜びや悩みを、先輩である本誌編集(1998年卒)を前に熱く語り合った。

──わちさんが3年の時に、井桁さんが1年生だったわけですが、当時からお互いを知っていましたか?

わち:もちろん知ってました。井桁さんはすでにモデル活動を始めてたもんね?

井桁:はい。私もわちさんのことは友達の先輩として知ってました。

──わちさんは水泳部、井桁さんはテニス部で活躍されました。わちさん、水着姿が男子から注目されてたんじゃないですか?

わち:男女が別のレーンで泳いでましたし、修猷の男子は真面目なので変な目では見ないですよ(笑い)。

──部活動だけではなく、お二人とも運動会で大幹(4つあるブロックの幹部。競技や役割別に各ブロック20人ほどいる)を務めたそうですね。修猷の運動会は地元でも注目される一大イベントです。

井桁:修猷の行事はすべて生徒による自主運営だから、達成感も別格でした。目立つ子たちだけでなく、最初は大人しくてやる気がなかった子も終わった時には感動して涙を流すほどです。

わち:大幹になると夏休み中に生徒たちだけで全工程の準備をするんです。生徒たちを盛り上げるのも大幹の役目。だから彼らが集中して練習しない時なんて、「これは私の人間力不足だ!!」って自らを奮い立たせてたし(笑い)。

井桁:私も大幹を経験して人前で話す度胸がついて、今につながっています。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト