• TOP
  • 国内
  • 旭川死体遺棄 我が子埋めた父親「人命救助」で表彰状の過去

国内

2020.07.15 07:00  週刊ポスト

旭川死体遺棄 我が子埋めた父親「人命救助」で表彰状の過去

豪邸でいったい何が…

 北の地で不可解な事件が起きた。6月29日朝、北海道旭川市で未就学児の姉弟(5歳と3歳)が旭川東署員に迷子として保護された。署員が2人を市内の自宅に送り届けると、事態は思わぬ展開を迎える。

「署員が家に上がったところ、乳児を抱いた母親が出てきた。3人きょうだいの一番下の妹(次女)とのことだったが、戸籍上の年齢(1歳半)と合わない。不審に思った署員が2日後、両親を任意で聴取すると次女だと説明していたのは男の乳児(次男)で、『次女は庭に埋めた。次男の出生届は出していない』と供述したのです」(地元紙記者)

 その供述通り、庭から一部が白骨化した遺体が発見された。同署は父親の京田陵容疑者(38)とその妻・麻理乃容疑者(36)を死体遺棄の疑いで逮捕した。

「両親は『死んだことを隠すため』と供述しているそうですが、死の経緯については2人の供述に食い違いがあり、詳細はいまだ不明。司法解剖の結果、遺棄されてから1年程度が経過しており、死亡時は1歳未満とみられている。死因は調査中ですが、頭部に損傷があったことが分かっています」(同前)

 麻理乃容疑者は4人の子供を自宅で産んでいた。

関連記事

トピックス