ライフ

果汁100%や清涼飲料水に健康に有害な成分も 注意が必要

100%ジュースだとしても

 加工食品の中で最も加工度が高い「超加工食品」。長期的に摂取すると、糖尿病やがんなどになりやすくなるリスクが指摘されている。冷たい飲み物がおいしい時期になったが、飲み物にも注意を払うべきだ。

「わが家は果汁100%のジュースしか買わない」という人も、油断は禁物。食品ジャーナリストの郡司和夫さんはこう言う。

「果汁100%でも、濃縮還元のジュースの場合、水分を飛ばす濃縮の工程で香りが損なわれるため、香料を加えることになる。コスト面から合成香料が使われることが多く、その中には頭痛や疲労感を引き起こす『酢酸イソアミル』など有害なものもあるので、注意が必要です」

 カロリー控えめのダイエット飲料は、思わぬ健康被害が起こるかもしれない。米国・ボストン在住の内科医、大西睦子さんはこう言う。

「人工甘味料は砂糖と比べて最大約5万倍もの甘みを持つ。そのため、人工甘味料を使った飲み物に慣れていると、普通の砂糖の甘さでは満足できなくなり、“甘み中毒”になる懸念があります。そのほか、ホルモンに影響して体内に脂肪を蓄えたり、腸内細菌の代謝異常を引き起こすほか、腎機能障害、脳卒中、心筋梗塞、血管系疾患のリスクを上げるなどの作用が確認されています」

 清涼飲料水によく使われる『果糖ブドウ糖液糖』は、砂糖やほかの甘味料と比べて急激に血糖値を上昇させ、「血糖値スパイク」を引き起こす恐れがある。これは糖尿病の前段階といわれ、普段の血糖値は正常なのに、食後などに急激に血糖値が上がる状態のことをいう。

 放置すると昏睡状態になる恐れがあるほか、動脈硬化や心筋梗塞、がん、認知症のリスクを高めるという。消費者問題研究所代表で食品表示アドバイザーの垣田達哉さんはこう語る。

「冷たいと甘みを感じにくいため、清涼飲料水やアイスクリームには、甘味料がたっぷり入っています。水分補給の際は、甘味料の入っていないものを選ぶようにした方がいい」

 超加工食品の特徴は、「添加物が多く、保存がきき、簡単で、超おいしい」こと。それだけに、完全に断つのは難しいが、できるだけ安全なものを吟味して選びたい。

※女性セブン2020年7月23日号

加工食品

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン