国内

「俺、コロナ」男来店のフィリピンパブ 担当ホステスが帰国

無症状感染者からも発症者並みのウイルスが検出(時事通信フォト)

 3月初旬、新型コロナに感染したことを知りながら「ウイルスをばらまく」と語って来店した男(当時57・3月18日に死亡)によって、営業自粛に追い込まれた愛知県蒲郡市のフィリピンパブ。店内にいたホステス1名も感染した。あれから5か月、店はどうなったのか。オーナーが取材に応じた。

「5月8日に営業再開しましたが、ほとんどお客様が来ない日が続きました。特に5月の売り上げは普段の1割程度。当初は男性の遺族への損害賠償も考えましたが、奥様と息子さんが謝罪に来られたので、やめました。ネットなどで店の名前がバンバン出たので、興味を持って来店されるお客様もいたのですが……」

 現在、客足は戻りつつあるものの、ホステスたちにはいまだトラウマが残っているという。

「3月までは平日でも10~15人、週末には20~30人のホステスが出勤していました。しかしあの件以来、店に出てくれる女の子が激減してしまって……。5~6人しかお店に出てくれない日もあります。

 お店に出てくれるホステスも、遠方からのお客様やご新規のお客様だと“感染リスクがある”と接客したがらない。知らないお客様が来るとトイレに隠れてしまう女性もいます。感染してしまったホステスは今も出勤できないままで、男性を担当していたホステスも『コロナが怖いから』とフィリピンに帰国してしまった」(同前)

 店の入り口には「店内空間除菌中」の文字が。至るところに消毒液のボトルが置かれている。30万円かけてAI検温器も導入したという。

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平を拝めるスポットやゆかりの地はどこか
ロサンゼルスの“大谷翔平スポット”を紹介 「壁画」「コーヒーチェーン」「大谷丼」「山本由伸と食事をした日本食レストラン」など
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
政倫審に出席しない萩生田氏
政倫審にも出席せず 安倍派5人衆で「萩生田光一・前政調会長だけがレクの時に“心ここにあらず”の様子」のワケ
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン