芸能

中森明菜と桜田淳子の魅力、スタ誕審査員・中村泰士氏が語る

「中森明菜には100点をつけたかった」と話す作詞・作曲家の中村泰士

 現在、日本の音楽シーンで大人気となっているのが、オーディション番組『Nizi Project』から誕生した9人組ガールズユニット「NiziU」だ。デビューを夢見て、レッスンに励む少女たちに心を奪われる視聴者が続出したのだ。

 日本のテレビ界における往年のオーディション番組といえば、1971年から1983年まで放送されていた『スター誕生!』(日本テレビ系)だろう。山口百恵(61才)、森昌子(61才)、桜田淳子(62才)の“花の中三トリオ”、ピンク・レディー、中森明菜(55才)、小泉今日子(54才)らが、この『スタ誕』からデビューしている。

「スタ誕」が始まった当初から審査員として番組に参加していた作詞・作曲家の中村泰士さんはこう話す。

「出場者とは本番まで一切接点がなく、1回のステージのみで、審査をしていました。当時は、作詞作曲のプロたちが審査し、『キラキラしている“素材”を見つける』が目的でした。歌はそこそこでも、ぼくたちが手をかければ磨いていける。そして、スターとして育て上げるストーリーと、作品作りまでを考えた審査でした。各々創作意欲を掻き立てるような人に高得点を出していたので、審査員間で評価が割れることも多くありました」(中村さん)

 そんな中、ステージに登場して、すぐ審査員同士で顔を見合わせたのが桜田淳子だ。

「“こんな天使みたいな子がいるの?”と高評価だったのが彼女です。本当に新鮮で、キラキラしてました。

 逆に評価が分かれたのが、中森明菜。子供が一生懸命大人になろうとしているのが、歌唱にも話す言葉にも表れていて、そこをぼくは評価して100点満点で評価したんだけど(実際は2桁までしか表示できなかったため99点)、生意気そうだと受け取った審査員もいてね。デビュー曲も大人びた曲で、ぼくの思い通りのスタートで売れたので、うれしかったなぁ」(中村さん)

※女性セブン2020年8月20・27日号

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン