• TOP
  • スポーツ
  • フィギュア選手のコーチ選び、ライバルが同門だと緊張関係も

スポーツ

2020.08.16 07:00  NEWSポストセブン

フィギュア選手のコーチ選び、ライバルが同門だと緊張関係も

2019年のGPファイナルを制した「ロシア3人娘」のうち、コストルナヤ(中央)とトルソワ(右)が移籍した(時事通信フォト)

◆最強チームからの選手流出……一体何が起きているのか?

 ロシアのフィギュアスケート界が揺れている。昨年のGPファイナルの女王、アリョーナ・コストルナヤ(16)が、これまで指導を受けてきたエテリ・トゥトベリーゼコーチの元を離れ、トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ氏に師事することになったのだ。その後、移籍手続き上の問題によって、今季はこれまでの所属(サンボ70)になるとの報道も出ているが、すでにプルシェンコ氏のアカデミーでの練習動画や、プルシェンコ氏の息子(サーシャ君)との2ショット写真が公開されており、移籍は決定的のようだ。

 コストルナヤの移籍が騒がれた背景には、美しいトリプルアクセルを跳ぶコストルナ自身の資質の高さに加え、エテリ陣営から選手の流出が相次いでいることがある。平昌五輪の金メダリスト、アリーナ・ザギトワをはじめとするトップ選手を擁し、女子フィギュアスケートを席巻してきたエテリコーチ。だが、コストルナヤとともに天才3人娘と言われたアレクサンドラ・トルソワ選手もすでにプルシェンコ氏の元へ移籍し、12歳で数種類の4回転ジャンプを成功させているベロニカ・ジリナも、同様にエテリ氏からプルシェンコ氏の元に移った。

 こうした状況に対し、浅田真央さんらを指導したタチアナ・タラソワ氏は理解を示し、「ライバルと同じ氷の上で滑りながら、オリンピックへの準備をしたい選手はいない」とロシア紙の取材に答えている。プルシェンコさんの元に有力選手が集まれば、同じ問題が起きると予想されるが、エテリ門下への過度な集中が、差し当たっては問題ということか。

 かつて日本でも、同様のことは起きた。2008年、高橋大輔さんがニコライ・モロゾフ氏の指導を受けていたとき、当時ライバルだった織田信成さんもモロゾフ氏の指導を受けることになったと知って、高橋さんはモロゾフ氏との師弟関係を解消した。モロゾフコーチは2人を同時に教えることに問題はないと考えたようだが、高橋さんは「僕は自分だけを見てほしいから」と、コーチ変更の決断を下した。

 ライバル関係という点でいえば、荒川静香さんと村主章枝さんも、長年、国内のトップを争うライバルだった。長野五輪(1998年)は荒川さんが出場、次のリレハンメル五輪(2002年)は村主さんが出場、そして、その次のトリノ五輪(2006年)には2人ともが出場した。どちらも早稲田大学を卒業しており、2人と同時期に、早稲田大学フィギュアスケート部に所属していた元選手はこう語る。

「リンクで目もあわせないくらいの関係の悪さで、いつも周りがハラハラしていました。今ほど女子選手が多くない時代ですから、常に比べられて大変だったと思います」

関連記事

トピックス