• TOP
  • 国内
  • フォロワー10万人のSNS 乗っ取られた被害者が語る後悔とは

国内

2020.08.17 16:00  NEWSポストセブン

フォロワー10万人のSNS 乗っ取られた被害者が語る後悔とは

偽サイトに誘導され名前とパスワードを盗まれる「フィッシング」被害は後を絶たない(ゲッティイメージズ)

 すべての始まりは「Instagram」を名乗る人物から届いた1通のダイレクトメッセージ(DM)だった。世界中で著名人のSNSアカウントが乗っ取られる事態が続出するなか、インタグラムで10万人を超えるフォロワーを持つA氏にも、魔の手はすぐそこに迫っていた。SNSについて十分すぎるほどの知識を持ち、「自分は大丈夫」と思い込んでいたA氏をも欺いた、SNSアカウント乗っ取りの手口とは──。

「これまでインスタグラムのアカウントが乗っ取られたというニュースを見ては、“間の抜けた人もいるもんだ。どうして引っかかるのか、知りたいよ”と思っていましたが、まさか自分の身に降りかかるとは……。乗っ取りがわかったときは、膝から崩れ落ちるような衝撃でした」

 そう語るのは、国内外の美景などを紹介するインスタグラムアカウントを持ち、フォロワー数は外国人を中心に10万人以上という“インフルエンサー”のA氏だ。

 最近、A氏は心血を注いで育てたインスタアカウントを何者かに乗っ取られてしまった。SNSの普及とともに世界中で乗っ取り被害が増えており、今年7月にはバラク・オバマ前アメリカ大統領やマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏ら著名人のツイッターアカウントが一斉に乗っ取られた。インスタグラムでは過去にタレントの渡辺直美のアカウントが乗っ取られ、最近では元乃木坂46の畠中清羅が乗っ取り被害を告白した。

 被害者が増えるなか、「自分のような被害者が二度と現れないように」という願いから、A氏が乗っ取り被害に遭うまでの一部始終を明かしてくれた。

「認証バッジ」の誘惑

 今年の初夏の頃、A氏のもとに「Instagram Media Worker(ALEX)」を名乗る人物から英文のDMが届いた。A氏のインスタは外国人向けに英語も使用しているので、違和感を覚えることもなく、「何だろう」と開いてみると、以下の内容が記されていた。

〈あなたのアカウントはレビューされて、認証バッジ(a verification badge)を獲得しました。24時間以内にリンク先にログインすれば認証バッジを見ることができます〉

関連記事

トピックス