• TOP
  • 芸能
  • コロナ禍のミス日本予選 フェイスシールド越しの美女たち

芸能

2020.08.25 07:00  NEWSポストセブン

コロナ禍のミス日本予選 フェイスシールド越しの美女たち

出場者はフェイスシールド姿、マイクの前にはアクリルガードが設置

念入りなコロナ感染予防対策が取られたミス日本コンテスト(東日本地区大会)

 新型コロナで数多くのイベントが延期や中止に追い込まれる中、8月24日、国内ミスコンの代表格「ミス日本コンテスト」の地区予選(東日本地区大会)が都内ホテルで行われた。

 主催する一般社団法人ミス日本協会の和田健太郎氏(ミス日本コンテスト事務局代表)は、「今年はコンテスト自体をやらない選択肢も当然ありました」と打ち明ける。

「6月時点でコロナの状況を見て(開催するという)最終判断をしたのですが、その後、再び感染者数が増加してしまいましからね。書類審査が終わって候補者選考の面接はオンラインで行いつつも、ニューノーマル時代にどうやってコンテストを開催していくべきか、ずっと考えてきました」(和田氏)

 地区予選大会はオンラインで開くという方法もあったが、最大限の感染予防対策をとりながら、例年通り会場で行うことを決めた。

「やはり皆が集まって審査員や報道関係者の前で自己PRや将来の夢を語ることがコンテストの醍醐味で、彼女たちにとっても貴重な経験ですからね」(和田氏)

出場者はフェイスシールド姿、マイク前にはアクリルガードが設置された

出場者はフェイスシールド姿、マイク前にはアクリルガードが設置された

 そうして行われた東日本地区大会は、異例尽くめだった──。出場を決めた女性たちは全員フェイスシールドを着用し、ソーシャルディスタンスを保ちながら洋服・水着審査に臨んだほか、発言する壇上のマイク前にはアクリルガードを設置。マイクは一人が発言し終わる度に、ホテルスタッフにより消毒が行われるという徹底ぶりだった。

 また、例年は高校・大学内でのクラブ活動やボランティア、故郷にいる家族とのエピソードや留学体験などを披露する出場者が多いが、今年はコロナ自粛の影響で控えめな印象。それでもみな、心のモチベーションを高めながらこの日を迎え、表舞台に立てることの喜びを噛みしめている様子だった。

コロナ禍で地区予選がスタートしたミス日本コンテスト

コロナ禍で地区予選がスタートしたミス日本コンテスト

 コロナ禍で始まった今年のミス日本選考会。2021年1月の本選(第53回ミス日本コンテスト2021)に駒を進めた7名の“フェイスシールド美女”たち。その厳選ショットを公開しよう。

●撮影/内海裕之

関連記事

トピックス