芸能

MC挑戦・サンドウィッチマン 秀逸な「斜め上」のアドリブ力

特番『ただ今、コント中。』でのアドリブ芸に期待が集まる(時事通信フォト)

「こんにちは!サンドウィッチマンです!」というツイートが大きな反響を呼んでいる。“ガラケー派”として知られるお笑いコンビのサンドウィッチマンが、8月29日放送の特別番組『ただ今、コント中。』(フジテレビ系、夜9時~)の公式Twitterアカウントを通じて、人生で初めてツイートをしたのである。

『ただ今、コント中。』は、今年1月に放送された国民的コント番組『志村けんのバカ殿様』以来となる、フジテレビによるゴールデンタイムのコント番組だ。サンドウィッチマンがメインキャストを務め、若手芸人からベテラン芸人、さらに人気女優やアイドルまで、バラエティ豊かな布陣が痛快な王道コントを繰り広げるという。

『日経エンタテインメント!』が発表した「タレントパワーランキング」で2019年から2020年にかけて連続で総合1位を獲得するなど、今やサンドウィッチマンは抜群の好感度と屈指の人気を誇るお笑いコンビとして知られている。言うまでもなく、彼らの魅力の一つはクオリティの高いコント漫才だ。

 サンドウィッチマンは、宮城県泉市(現・仙台市泉区)出身で高校の同級生でもある伊達みきおと富澤たけしが1998年に結成。2005年よりお笑いネタ番組『エンタの神様』に出演し徐々に人気を集め、2007年のM-1グランプリで優勝を果たすことで一躍お茶の間に知られるようになっていった。同グランプリの決勝戦で披露したのは、初めて『エンタの神様』に出演した際と同じ「ピザのデリバリー」のネタだった。

 定番の「ちょっと何言ってるかわからない」というフレーズをはじめ、小ネタ満載でテンポよく進むコント漫才は痛快だ。なかでも2009年のキングオブコント決勝戦で披露した「ハンバーガーショップ」のネタには根強い人気があり、2017年12月に放送されたバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』内の企画では「もはや誰がやっても面白い」と紹介されている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン