• TOP
  • ライフ
  • 93歳「逆さ歌」YouTuber 目標は死ぬまでに100曲アップ

ライフ

2020.10.04 07:00  週刊ポスト

93歳「逆さ歌」YouTuber 目標は死ぬまでに100曲アップ

逆再生の楽曲を配信する「リバース・シンガー」中田芳子さん

逆再生の楽曲を配信する「リバース・シンガー」中田さん

 今年5月、90歳のGamer Grandmaが「最高齢のゲーム動画配信YouTuber」としてギネス認定された。高齢で精力的に動画を配信するYouTuberはまだまだいる。特技、使命感、自粛生活中に見出した楽しみ、などYouTubeを通して老後の人生を楽しむ人々の世界を紹介する。

 意味不明な歌詞と楽曲の弾き語りを録音し、逆回転再生すると完成した楽曲が聞こえてくる「逆さ歌」を披露する「リバース・シンガー」中田芳子さん(89)。「絵描きだったら絵を残せるじゃない。そんなふうにこの『逆さ歌』をなんとか残せたらいいな」という思いでYouTubeを始めた。

 逆さ歌の作成方法は歌詞をローマ字で文字を起こし逆に辿る。例えば「昨日」は「kinou」→「uonik」→「うおにく」という歌詞ができる。楽譜も逆に起こし、意味不明の歌詞と合わせて演奏する。昔は1曲に半年かかったが、今では1週間ほどで完成するという。

 壁面に飾られた「芳子七ヶ条」では、「よっちゃんにも出来る」「よっちゃんなら出来る」「よっちゃんにできないワケが無い!」など、好奇心旺盛で物事に前向きに取り組む中田さんらしい言葉が並ぶ。

「逆さ歌」の録音では、意味のない呪文のような言葉の羅列を単語にすることで、支離滅裂ながらもユーモアあふれる歌詞に変貌する。完成前の風景も面白くて人気のシーンだ。

 演奏時は意味不明な歌詞だったものが、逆再生すると曲が完成する。逆さ歌に使用する楽曲は星野源、米津玄師、RADWIMPS、きゃりーぱみゅぱみゅなど、最新のヒット曲も多く取り上げている。

関連記事

トピックス