• TOP
  • ライフ
  • キャンピングカー 購入前にレンタカーで本当に必要か確認を

ライフ

2020.10.13 07:00  週刊ポスト

キャンピングカー 購入前にレンタカーで本当に必要か確認を

軽自動車をベースにしたキャンピングカーもある

軽自動車をベースにしたキャンピングカーもある

「2019年度キャンピングカー業界の動向調査」(日本RV協会)によれば、国内キャンピングカーの保有台数は2005年から右肩上がりに伸び続け、2018年には2倍超の11万台を超え、売り上げは458億円に達した。

 気軽にどこへでも出かけることができ、宿の心配がいらないキャンピングカーには、キャンプ人気も相まって熱い視線が集まるが、選ぶとなれば種類も多い。アウトドアスクール「有限会社ビーネイチャー」取締役の長谷部雅一氏はいう。

「まずはレンタカーなどで試乗することをおすすめします。トイレやシャワーの有無、寝るスペースのサイズなど、ご自分のキャンピングカーライフに本当に必要なものなのかを確かめるためです」(長谷部氏)

 キャンピングカーの種類は3種類。SUVやワゴンをベースにした「バンコン」や運転席と助手席、シャーシー以外、すべて改造した「キャブコン」が主流だが、最近は小回りが利き価格帯も手が出やすい「軽キャン」が人気だ。

 バンコンは、ワンボックスやミニバンをベースに内装やルーフを架装したもの。外装がほぼそのままであるため、日常でも使いやすく、取り回しに困ることがないのが特徴だ。

 キャンピングカーの王道ともいわれるキャブコンバージョン(=キャブコン)は、キャブと呼ばれる運転席部分の後ろに居住スペースを搭載したタイプ。断熱性と防音性に優れ、広々とした室内が特徴だ。

 軽キャンは、軽自動車をベースにしているため、コンパクトなボディで小回りが利くので扱いやすい。小さくても個性豊かなうえ、手頃な価格が魅力で人気急上昇。機能を追加できるカスタマイズキットもある

※週刊ポスト2020年10月16・23日号

軽自動車をベースにしたキャンピングカー『101 Tent Car N-VAN(TOY-FACTORY)』の車内

軽自動車をベースにしたキャンピングカー『101 Tent Car N-VAN(TOY-FACTORY)』の車内。ベッドの下に収納スペースを確保

車内のスペースをフル活用できるようになっている

車内のスペースをフル活用できるようになっている

関連記事

トピックス