芸能

嵐の無観客新国立ライブ ネット配信が決まるまでの舞台裏

国立競技場は嵐ファンにとって聖地(共同通信社)

 夕日が落ちかけ、東京の空があかね色に染まっている。その下で、嵐の5人が汗を飛び散らせながら歌い、踊る。時には笑顔を見せ、カメラに視線を投げかけ──ファンはそんな姿を思い描き、その日を待ちわびている。

「最後のライブをみんなと共有できるのがすごく楽しみです。しかも、記念日を一緒に過ごしたいというファンみんなの気持ちを5人がわかってくれていたのも、うれしかった」

 30代女性が興奮気味に話すのも無理はない。当選確率20倍以上といわれ、「芸能界一のプラチナチケット」と呼ばれる嵐のライブが“抽選なし”で見られるのだ。苦渋の開催断念から半年、彼らがファンに届けたい思いとは──。

 新国立競技場で行われる『アラフェス 2020 at 国立競技場』の配信日が発表された。相葉雅紀(37才)が公式サイトの動画で「ぼくたち嵐のデビュー日、11月3日に配信します」と宣言したように、デビュー21周年の記念日に決まった。そのライブはファン、そして嵐の5人も待ちに待ったものだ。当初は5月15、16日に予定されていたが、コロナ禍によって無念の延期となっていた。

「嵐は2013年まで6年連続で国立競技場でライブを行い、ファンと特別な思い出を作ってきました。その生まれ変わった聖地での単独アーティスト初公演は、活動20周年の集大成という記念すべきイベントのはずでした。ファンも楽しみにしていただけに、公演の開催が延期となった時点で5人はさまざまな形での開催を模索していました」(芸能関係者)

 その日から今日まで、5人は来たる日のために精力的に準備を進めてきた。メンバーはギリギリまで観客を入れる可能性を検討していたという。

「嵐は年内で活動を休止するため、直接ファンにこれまでのお礼を伝えたいという気持ちが強く、9月に入ってからも何度も話し合っていました。どうすればライブを安全に楽しんでもらえるのか、人数を減らせば大丈夫なのか、感染の拡大状況について情報収集をしながらベストを尽くそうとしていたのです。そして、10月の開催を目指していました」(前出・芸能関係者)

 9月中旬に出した結論は無観客ライブのネット配信だった。しかし、松本潤(37才)は無観客配信を発表した9月15日、ファンクラブサイトの動画でこう前向きに話した。

「(ファンに)直接会えないというのは非常に残念な思いもありますが、逆に言うとファンクラブ会員のみなさまが全員、同じような状況で見られる形になったというふうにとらえております」

関連キーワード

関連記事

トピックス

『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
6月20日に告示される東京都知事選挙のポスター掲示場。過去最多だった前回の22人を上回る立候補者が見込まれている(時事通信フォト)
なぜ、東京都知事選には多くの人が立候補するのか 出馬は前回の22人を上回る史上最多となる見込み
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン