• TOP
  • 国際情報
  • 山東省職員 人事に不満で職場の飲料水に豚発情ホルモン混入

国際情報

2020.11.10 07:00  NEWSポストセブン

山東省職員 人事に不満で職場の飲料水に豚発情ホルモン混入

3年間も飲料水にホルモン剤が混入されていたという…

3年間も飲料水にホルモン剤が混入されていたという…

 中国山東省乳山市の市政府統計局の職員が2017年8月から3年以上にわたり、局内の飲料用のウォーターサーバーに「メス豚用発情誘発ホルモン剤」を混入していたことが発覚。10月下旬に逮捕されたことが明らかになった。

 犯人は「市政府の人事制度に不満を抱いていた」と供述しているという。中国紙『瀟湘晨報』などが報じた。

 統計局内では3年ほど前から、局長から職員や警備員まで、首が太く腫れ始めたり、昼間から顔が異常に赤面したり、冷房が効いている部屋にもかかわらず会議中に多くの出席者が大量の汗をかいたり、体重が急に増えたりするなど、体調の異常が頻繁にみられていた。

 局長は、3年間も異常現象が続いているのはおかしいと感じ、病院で診察してもらったところ、体内のホルモン値の異常が判明。局内をくまなく調べたところ、局内の飲料用ウォーターサーバー脇のごみ箱にホルモン剤らしき小瓶の容器が見つかり、警察に通報した。捜査の結果、男性職員が犯行を認めた。

 供述によると、この職員はウォーターサーバーにきり状の用具で穴をあけ、注射器でホルモン剤を混入していたという。職員は「私よりも経験も能力が劣る職員が出世して、私を追い抜いていくのを見て堪らなくなった。市政府の幹部任用制度がおかしいと思い、その腹いせにメス豚に投与する発情誘発用のホルモン剤を混入したと供述している。

 ネット上では「人がすることではない」「この職員は社会をどれほど恨んでいるのか」「どうして同僚を巻き込む必要があったのか」などと批判が相次いでいる。一方で、「中国の人事制度の欠陥が事件につながった。政府は能力評価基準を変えるべきだ」意見も投稿されている。

関連記事

トピックス