ライフ

旅人・紗綾と行く九州豪華列車旅 桜島や霧島山麓の絶景満喫

北九州出身の紗綾が豪華列車に乗りながら九州の魅力を案内

北九州出身の紗綾が豪華列車に乗りながら九州の魅力を案内

 黒光りする重厚なボディに金色のロゴマークが輝く車両が海岸沿い、山間を駆け抜ける。JR九州が新たに投入した観光列車「36ぷらす3」が10月16日、華やかにデビューした。“走る九州”と銘打ち、地元の食、伝統工芸、文化など九州の魅力を詰め込み、木曜から月曜まで5ルートをつなげて九州全7県をめぐる。7月豪雨による被災で運行保留中だった木曜ルートも11月19日から運行開始予定となり、全ルートの総走行距離は1198キロに及ぶ。1日単位で乗車でき、乗車区間やプランの選択肢が多いのが魅力だ。月曜ルートの博多駅―佐賀駅間のグリーン席プランなら5270円で気軽に乗れる。

 北九州市特命観光大使も務める紗綾さんが、鹿児島中央駅から宮崎駅へ向かう金曜ルート「黒の路」に乗車する。

「えっ、私が乗る1号車の床は通路も個室も全部、畳敷きなんですか! いぐさのいい香りがして心身ともにリラックスできますね」(紗綾さん・以下同)

 靴を脱いで足を踏み入れると、驚きの声を上げた。全6両編成で車両ごとに趣が異なり、1号車(個室)と6号車(グリーン席)は畳敷き仕様となっている。

 発車から10分弱後、雄大な桜島と鹿児島湾(錦江湾)の絶景が進行方向右側の車窓に流れてきた。スマートフォンでの撮影に夢中になる紗綾さんの笑顔が弾ける。

「湾に沿ってしばらく走行するので、桜島をぐるり180度の角度から眺められて感動しました。景色を楽しみながらいただいた、鹿児島県の山海の幸がたっぷり入った食事も最高に美味しかったです!」

「36ぷらす3」をデザインしたのは水戸岡鋭治氏。かつて同氏がデザインし、特急「つばめ」として活躍した車両「787系」を全面的に改造した。その「つばめ」時代に人気を博したビュッフェが17年ぶりに復活したのも「36ぷらす3」の目玉の一つ。床や壁に銅板を多用したモダンな空間で、紗綾さんも足を運び、九州の地酒などを楽しんだ。

電車内の通路の装飾も綺麗

電車内の通路の装飾も豪華絢爛

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン