芸能

滝藤賢一 メガネドレッサー賞に「毎年地団駄を踏んでいた」

俳優界きってのファッショニスタ滝藤賢一

ファッショニスタ、滝藤賢一

 第33回日本メガネベストドレッサー表彰式が10月27日に開催された。各部門の受賞者が登場した。

 今回の受賞者は以下の通り。「政界部門」加藤勝信・内閣官房長官、「文化界部門」古舘伊知郎、「芸能界部門(男性)」中井貴一、「芸能界部門(女性)」吉田羊、「サングラス部門(男性)」滝藤賢一、「サングラス部門(女性)」藤田ニコル、「特別賞SDGs部門」生見愛瑠、「芸人部門」よしもとメガネ選抜(銀シャリ・橋本直、アインシュタイン・稲田直樹、相席スタート・山崎ケイ、ミキ)。

 芸能界随一のオシャレ好きとして知られる滝藤賢一は、これまで受賞できなかったことについて「毎年、地団駄を踏んでいた」とコメント。念願の受賞に喜びを隠せない様子だった。

 初受賞となった生見愛瑠は、高校時代の授業などでメガネをかけたこともあるという。視力はあまりよくないとのことで、「ゲームのしすぎ」が原因だと自己分析した。

撮影/平野哲郎

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン