• TOP
  • 芸能
  • 流産告白の羽田美智子 そのポジティブな生き方に支持集まる

芸能

2020.11.23 16:00  NEWSポストセブン

流産告白の羽田美智子 そのポジティブな生き方に支持集まる

美貌が目立つ羽田美智子

真っ赤なタートルネック、白いデニム、美貌が目立つ羽田美智子

 10月下旬、東京都内でラジオ収録を終えた女優・羽田美智子(52才)は、スラッとした白のデニム姿に鮮やかな赤のタートルネックで周囲に笑顔を見せていた。スレンダーなスタイルをキープしている彼女は、肌つやも良く、50代とは思えない美しさを放っていた。だが、羽田美智子の魅力はその外見だけではない──。

 羽田は、最近、10月9日に発売したエッセイ『羽田さんに聞いてみた、小さな幸せの見つけ方』の中で、過去の流産経験を明かして話題になった。彼女をよく知る関係者は「40代での高齢妊娠で妊娠5か月での流産。辛すぎる経験だったので、これまで誰にも明かしてはいませんでした」と明かす。

 羽田は、このタイミングでのエッセイ出版について「52歳って人生の大きな節目の時だなーと思うんです。そんな時だから話せること。ありのままの私が詰まっています」とブログで綴っていた。

 エッセイの中では、41才で結婚相手が現れて、すぐに妊娠できたこと。しかし、担当医師から高齢出産の危険性をシビアに告げられて、流産の分娩時には自分も生死をさまよったこと、その手術中に子供に現世に戻される夢を見たことなどを告白した。

 前出の関係者は「当時の医師から『心が癒えてからでいいから、高齢出産の危険性をみんなに伝えてね』と言われていたことが、ずっと心に引っかかっていて、その使命感から今回明かしたようです」と代弁した。

 2011年に結婚した水中カメラマンの男性とは、沖縄在住の夫と生活拠点が違い続けた結果、50才を前にした2017年に離婚。「急に将来のビジョンが見えなくなってしまって、暗闇の中をさまようような感覚」になったという。

 ただ、それが更年期と自覚すると、英語では「change of life(人生の転機)」というポジティブな意味があることまで知ることで、未来が明るく開けたと説いている。

関連記事

トピックス