スポーツ

優勝&結婚の貴景勝 新居に土俵あり、コロナ禍でも稽古OK

モデル好きを公言していた貴景勝(時事通信フォト)

モデル好きを公言していた貴景勝(時事通信フォト)

「私事ですけど、場所前に入籍しまして。がんばっていきたいなと思っていたところだったので、(優勝できて)よかったなと思います」

 大相撲11月場所で、小結・照ノ富士(28才)との優勝決定戦を制して優勝した大関・貴景勝(24才)は、千秋楽から一夜明け、こう語った。貴景勝が元モデルの千葉有希奈さん(28才)との婚約を発表したのは今年8月のこと。

「有希奈さんは『北海のシロクマ』と称された元大関の北天佑(享年45)の次女。貴景勝は身長175cmで、力士としては小柄なタイプ。有希奈さんがヒールを履くと貴景勝よりも背が高くなるほど、スラッとした長身の美女です」(スポーツ紙記者)

 北天佑は1994年に30才で引退し、二十山親方として二十山部屋を興した。だが腎臓がんのために若くして他界。

「妻である女将さんと有希奈さんは、北天佑の死後も、旧二十山部屋の建物に住んでいました。実は、貴景勝は9月場所の後、婚約者の実家である旧二十山部屋に引っ越したんです。ひとり暮らしをしていたマンションはそのままですが、妻の実家の方が居心地がいいようですね」(後援会関係者)

 実際、11月場所中は、旧二十山部屋で新妻に見送られ、所属する千賀ノ浦部屋(東京・台東区)に通って稽古し、国技館で本場所の取り組みに臨むという生活だった。

「相撲部屋は土俵や大広間、個室など特殊な間取りの建物なので転用がききません。そのため新たに部屋を興す親方が居抜きで借りたり、購入したりすることが多いんです。しかし、北天佑は現役親方で亡くなったため“ゲンが悪い”とされ、二十山部屋は誰にも受け継がれなかった。それでも、女将さんは“部屋をもう一度使ってほしい”と手入れを続けてきた。そこに次女の“お婿さん”の貴景勝が転がり込んだ形です」(ベテラン相撲記者)

 新婚夫婦の新居に「土俵」があるなんて、相撲取り冥利に尽きる。

「新型コロナの影響で、力士たちは満足に稽古もできない日々が続きました。しかし、自宅に土俵があれば話は別。いつでも四股が踏めるし、摺り足などの稽古もできる。貴景勝はトレーニングマシンを持ち込んで、体をみっちり鍛えていたそうです。それに、奥さんの手料理だけでなく、部屋経営の経験がある女将さんのちゃんこ料理も毎日食べられますから、11月場所は“百人力”だったでしょうね」(相撲ジャーナリスト)

 嫁取りが終わり、初場所はいよいよ綱取りに挑む。

※女性セブン2020年12月10日号

婚約相手の千葉有希奈さん(日本相撲協会提供)

妻の千葉有希奈さん(日本相撲協会提供)

マイカーから降りる貴景勝

マイカーから降りる貴景勝

ハーフパンツで千賀ノ浦部屋に出勤

ハーフパンツで千賀ノ浦部屋に出勤

足元はサンダル

足元はサンダル

関連キーワード

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン