相撲一覧

【相撲】に関するニュースを集めたページです。

モデル・市川紗椰が相撲との出会いと魅力を語る

市川紗椰が語る相撲の魅力「他のスポーツにはない潔さが…

 年に数回は両国国技館で相撲観戦。好きになった力士は安美錦と豪栄道で、昨年の照ノ富士の復活優勝時は師匠・伊勢ヶ濱親方が優勝旗を渡す…

2021.03.09 16:00  週刊ポスト

大鵬は大横綱になっても慢心せず、気を遣う人だったという(写真/共同通信社)

昭和の大横綱・大鵬が生きていたら…「四股でコロナを踏み…

 政治や経済のみならず、スポーツ界にも停滞感や閉塞感が漂っている。ノスタルジーに浸るつもりはないが、昭和の時代を彩った横綱・大鵬が…

2021.02.23 07:00  週刊ポスト

四股名の「栄」は出身高校が由来(時事通信フォト)

角界最大派閥、大栄翔ほか「埼玉栄OB」 互助会にならな…

 荒れに荒れた初場所は、追手風部屋の大栄翔が平幕優勝。十両優勝も同部屋の剣翔だったが、2人には「埼玉栄高校OB」という共通点もある。「…

2021.02.01 07:00  週刊ポスト

相撲中継に映り込む「謎の美女」にネット上は大盛り上がり

大相撲・初場所中継でネット騒然「溜席の妖精」に話を聞…

 白鵬、鶴竜の両横綱をはじめ、初日から関取16人が休場という異常事態で始まった大相撲初場所。10日目には綱取り場所だった大関・貴景勝ま…

2021.01.24 12:00  NEWSポストセブン

年寄株をめぐりどのような火種が?(時事通信フォト)

白鵬に懸念されるコロナ後遺症 体はしぼみ相撲勘失われ…

“相撲部屋クラスター”が続出するなか、日本相撲協会は初場所の開催を強行したが、モンゴル2横綱は3場所連続で初日から休場となった。コロナ…

2021.01.18 16:00  週刊ポスト

4場所連続休場の横綱・鶴竜に厳しい視線(写真/共同通信社)

コロナ無関係休場の鶴竜に元横審委員長「辞めてもらうし…

 1月10日に初日を迎えた大相撲初場所は、十両以上の16人を含む65人の力士が休場となった。 場所直前に横綱・白鵬の新型コロナ感染が判明す…

2021.01.17 16:00  週刊ポスト

順風満帆に見える貴景勝だが…(時事通信フォト)

東京五輪、規模縮小なら開催可能? 米テレビ局の動きは…

 新型コロナウイルス感染拡大によって、2020年から2021年に開催が延期となった東京五輪。いまなお本当に開催できるのかどうか、難しい状況…

2021.01.07 16:00  女性セブン

白鵬(左)はコロナでいよいよ土俵際、貴景勝(右)は綱取りに追い風(時事)

コロナ白鵬なき初場所の注目は「蒙古騒乱」と「埼玉栄OB…

 白鵬のコロナ感染が判明して、場所前から波乱を予感させる初場所。休場続きで土俵際の2横綱とカド番の2大関の去就はどうなるのか、そして…

2021.01.05 16:00  NEWSポストセブン

相撲部屋の「験担ぎ」 正月に鶏肉ちゃんこ鍋食べる理由は?

相撲部屋の「験担ぎ」 正月に鶏肉ちゃんこ鍋食べる理由…

 日々の生活の中で、何か“いい結果”が出るようにと、“験担ぎ”をする人も多いだろう。個人的なルーティーンとなっているものもあれば、長い…

2021.01.04 16:00  女性セブン

年寄株をめぐりどのような火種が?(時事通信フォト)

休場続く白鵬と鶴竜、いよいよ世代交代か 2人の好角家の…

 2021年、大相撲は世代交代の年になるのだろうか。11月には横綱審議委員会が、休場が続く横綱・白鵬と鶴竜に「注意」の決議を出した。来年…

2020.12.29 16:00  NEWSポストセブン

河野景子

再婚報道の河野景子さん 講演が急増、1本数十万円を年80…

 56才の女盛りだから──。12月16日、『文春オンライン』で、河野景子さん(56才)の再婚が報じられた。景子さんが、元貴乃花親方(48才)と…

2020.12.17 16:00  女性セブン

優勝&結婚の貴景勝 新居に土俵あり、コロナ禍でも稽古OK

優勝&結婚の貴景勝 新居に土俵あり、コロナ禍でも稽古OK

「私事ですけど、場所前に入籍しまして。がんばっていきたいなと思っていたところだったので、(優勝できて)よかったなと思います」 大相…

2020.11.26 07:00  女性セブン

弓取式が終わると、呼び出しと親方がおもむろに登場(撮影/雑誌協会)

NHK相撲中継には映らない「お楽しみ抽選会」が大人気

 白鵬、鶴竜の両横綱不在で始まった大相撲11月場所は、朝乃山と正代の2大関まで途中休場となり、土俵は盛り上がりに欠けている。ただし、観…

2020.11.15 16:00  NEWSポストセブン

嘉風はもう1つ深刻な“係争”を抱えていた(時事通信フォト)

4億円訴訟の元嘉風が将来のおかみさんと別居&離婚調停中

 元関脇・嘉風(現・中村親方)が地元の大分県佐伯市に「引退を余儀なくされたのは、昨年6月に同市が誘致した合宿でのケガが原因」と、約4…

2020.11.06 16:00  週刊ポスト

大相撲“モラハラおかみさん問題”に相撲協会が及び腰な理由

大相撲“モラハラおかみさん問題”に相撲協会が及び腰な理由

『大相撲の事典』(東京堂出版)の定義によれば、「おかみさん」とは〈部屋持ち親方の妻の呼称。部屋の全力士の母親役をつとめ、しつけ役、…

2020.08.18 07:00  週刊ポスト

SNSでNEWSポストセブンをフォローまたはプッシュ通知を受け取る

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
  • プッシュ通知

トピックス