国内

中学受験 昭和女子、共立女子など女子大付属が人気上昇の訳

昭和女子大学付属昭和中学校・高等学校

昭和女子大学付属昭和中学校・高等学校

 近年、中学受験において顕著だった女子大付属校人気の低下。とりわけ、卒業生の多くが併設の大学へ進む中高の受験者数が伸び悩む傾向にあったが、ここにきて状況が一変しつつあるという。いったいなぜなのか、安田教育研究所代表の安田理氏がレポートする。

 * * *
 首都圏にある女子大の付属校で、卒業生の半数以上が併設大学に進む学校は、今では共立女子第二、昭和女子大学附属昭和、女子美術大学付属、日本女子大学附属の4校しかない。その他の付属高は女子大の不人気が続いて他大学に進学させないと生徒が集まらないことから、付属校というよりは進学校色が強くなっているのだ。こうした学校を「半進学校」「半付属校」などと言っている。

東京・杉並区内にある女子美術大学付属高等学校・中学校

女子美術大学付属高等学校・中学校

 ご存じの方は少ないだろうが、首都圏に女子大付属の女子校(中学のある学校)は下記のように27校もある(先の4校を含む)。

【愛国、跡見学園、大妻、大妻多摩、大妻中野、川村、共立女子、恵泉女学園、駒沢学園女子、実践女子学園、十文字、白百合学園、東京家政学院、東京家政大学附属女子、東洋英和女学院、藤村女子、和洋九段女子、鎌倉女子大学、相模女子大学、清泉女学院、フェリス女学院、和洋国府台女子、大妻嵐山】

 学習院女子、田園調布学園、日本大学豊山女子、文京学院大学女子、立教女学院は中高は女子校だが大学は共学(学習院女子には学習院女子大学もあるが)なので、ここには入れていない。そして学習院大学、日本大学、立教大学のように大学が共学の総合大学であると半数以上が併設大学に進んでいる。このように上の大学がどのような大学であるかで内部進学状況は大きく異なっている。

 だがここへきて、中学受験において冒頭に挙げた純粋な付属校ともいえる4校が応募者を増やしていることに気が付いた。何が起きているのだろうか。いろんな側面から探ってみよう。

併設女子大進学校の受験者がここ2年急増

 まずここ4年間の東京の中学入試解禁日である2月1日午前の第1回入試の応募者数の推移(2017年~2020年)を見てみよう。分かりやすくするために、前年より増は数字の後に〇を、減は●をつけた。

・共立女子第二/108●→74●→78〇→100〇
・昭和女子大学附属昭和/125●→106●→147〇→274〇
・女子美術大学付属/175●→204〇→247〇→299〇
・日本女子大学附属/200●→174●→186〇→248〇

 ここ2年は4校とも連続して応募者を増やしている。が、2017年は4校ともが、2018年は3校が減らしていた。つまりここ2年の変化であることが分かる。いちばん底だった2018年と2020年を比較すると、共立女子第二が135%、昭和女子大学附属昭和が258%、女子美術大学付属が147%、日本女子大学附属が143%と大きく増やしているのである。

 とりわけ昭和女子大学附属昭和の伸びが著しいので、ここにスポットを当てて見てみよう。

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン