• TOP
  • ライフ
  • 私は問題解決フェチ ジェーン・スーの“人生相談エッセイ”

ライフ

2020.11.30 19:00  女性セブン

私は問題解決フェチ ジェーン・スーの“人生相談エッセイ”

これからの時代の理想の女性像は「ヒョウ」か「イルカ」タイプだという

悩める女性読者をうまく動物に例えるジェーン・スーさん(撮影/黒石あみ)

【著者に訊け】
ジェーン・スーさん/『女のお悩み動物園』/小学館/1500円

【本の内容】
〈どこに生息しようが、真面目に生きていれば、悩んで当然。自分のこと、家族のこと、友人、恋愛、仕事、将来。問題は、それが本当に「悩みごと」なのかってこと〉──自ら「問題解決フェチ」というスーさんが、悩んでいる人の特徴と傾向を16種類の動物になぞらえて、相談者に温かく寄り添う快刀乱麻の回答を示す。読後感は爽快。生きづらさの原因や社会の実相が鮮やかに浮かび上がる。

 フクロウさんにアヒルさん、ヒョウさんにカンガルーさん。悩める女性読者を、相談の傾向と特徴で動物園の動物になぞらえる。面白く読ませつつ、「なるほど!」というヒントのつまった一冊だ。

「『あるある』って仲間で言い合うの、楽しいじゃないですか。でもいま、『あるある』ネタはすごく炎上しやすいんです。ピリリと辛辣に書くと貶めることにもなりかねず、この本では、誰かを嘲ったり足を引っ張ったりしない『あるある』をやろうと思いました」

 30代向けの女性誌『Oggi』の連載がもとになっている。女の人の生態を動物にたとえるエッセイと、その後に始めた人生相談を合体させた。タイプの違う読みものが、うまく溶け合っている。

「30代の自分を思い出すと、視野が狭くて苦しかった。年をとるにつれ見える範囲が上下左右に広がり、他人の主観を取り入れることで自分の主観を手放すことができたりもするようになるけど、大真面目にそんなことを書いても誰も読んでくれないんで(笑い)、動物にたとえたわけです」

 相談者を否定せず、優しく受け止める姿勢にシスターフッド(女性同士の連帯)を感じる。

「人生相談って回答者を『神』にしてしまうシステムなんですよ。注意しないと傲慢になったり、自分の言いたいことだけ言ったりして危険です。そういう土俵にみずから上がってしまった以上、踏み外さないように気をつけましたね。4年前に亡くなった雨宮まみさんがネットでやってらした人生相談は、相手を否定せず本当に優しくて、私の構成要素にはない部分なので見習いたいと思いました」

 あなたの個人的な悩みは実は構造的な問題では?と違う見方を示し、具体的な解決方法も示す。

「人生相談をやってみて、私は解決案を見つけると興奮して楽しくなる、『問題解決フェチ』だとわかりました。それと、あえてきれいごとを言いたかったんですよね。『あなたのがんばりは誰かが見ている』とか『夢を持ったら形にしてみよう』とか。そして、それを実証するにはストリートの知恵が必要になる。私はそのサポートを、若い人が一生懸命走る沿道で旗を振る人になりたいですね」

取材・構成/佐久間文子

※女性セブン2020年12月10日号

関連記事

トピックス