芸能

田中律子はアラフィフの今も人気 キャラが開花した背景は

田中律子の姿をキャッチ

田中律子の姿をキャッチ

 都内も紅葉色づく季節となってきた11月下旬に、健康的に日焼けしたタレント田中律子(49才)が、ラジオ局から出てきた。襟元がざっくり大きく開いたセーター姿に、往年のアイドル時代を彷彿とさせるポニーテール。とても来年50才とは思えない若々しさを保っている。

 2012年にカメラマンの元夫と離婚して、現在はスキューバーダイビングやヨガのインストラクターの資格を生かして、沖縄と東京のデュアルライフ(二拠点生活)を実践している。

 田中は、約15年前から、養殖サンゴを海に移植するNPO法人・アクアプラネットを立ち上げて、これまで久米島や石垣島など沖縄各所の観光大使を歴任してきた。海を愛し、「沖縄の家のキッチンやリビングの窓からは海しか見えません」と語ったこともある。彼女のダイビング技術はテレビでも特集されたことがあるほどだ。

 昨年には、長年所属してきた芸能事務所からも独立し、ますます活動の幅を広げている。1年前のバラエティー番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)にゲスト出演した際には、「乳首が4つある」と、両脇に副乳があることを仰天告白。「娘におっぱいをあげる時に脇からもピューッって出た」とエピソードを語りながら、堂々と副乳を公開していた。そんな明るいぶっちゃけキャラが彼女の魅力でもある。

“りっちゃん”の愛称で知られる彼女は、もともとアイドル性が高いキャラで売り出されていた。デビュー当時の田中を良く知るレコード会社の幹部は「16才でアイドル歌手としてデビューしたころは、同じレコード会社と制作スタッフが手掛けたこともあり『ポスト杏里』と呼ばれていたんですよ」と明かす。路線は全く違っていったが、昭和の人気シンガーソングライターが目標だったのだ。

 歌手としてはブレークしなかったが、元号が平成に変わったころからトレンディードラマのバイプレイヤーとして活躍。陣内孝則主演で小泉今日子との教師同士の恋愛模様が描かれた『愛しあってるかい!』(1989年、フジテレビ系)での女子高校生役は、当時大きな話題になった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン