• TOP
  • スポーツ
  • 原英莉花vs渋野日向子 原にあってシブコにないものは?

スポーツ

2020.12.08 07:00  週刊ポスト

原英莉花vs渋野日向子 原にあってシブコにないものは?

渋野日向子と原英莉花は何が違うのか(時事通信フォト)

渋野日向子と原英莉花は何が違うのか(時事通信フォト)

 国内女子ツアー年内最終戦「JLPGAツアーチャンピオンシップ・リコーカップ」で勝利を手にした“黄金世代”の原英莉花(21)。今年、原は日本女子OPなどメジャー2勝を飾り、国内賞金ランクで3位に入った。

 その最終戦でもう一人注目を集めたのが、昨年の全英女子OPで優勝し、一気にスターダムを駆け上がった「シブコ」こと渋野日向子(22)だ。その試合を渋野は今季自己最高の3位タイで終えたものの、持ち前のスマイルは消えていた。一部スポーツ紙には「ホールアウト後のクラブハウス付近で泣いていた」とも報じられた。

 渋野は今シーズン、優勝ゼロで予選落ちも2回。賞金ランクは35位と昨年の活躍とはほど遠い。

「原はリコーカップの前週は途中棄権したが、師であるジャンボ尾崎に『お前、こんなにトップの位置が低かった?』と言われて修正し、それが優勝につながった。“ひと言”だけアドバイスをして、あとは自分で考えさせるのがジャンボのスタイルで、門下生の原には試合中でも自分で修正する能力が身についている。

 一方、渋野は青木翔コーチがつきっきりでアドバイスするものの、いったん崩れると、自分で修正できない。最終戦では、その差が結果に表われた」(ツアー関係者)

 今年の2人にはショットにも大きな差があった。プロゴルファーの沼沢聖一氏が語る。

「今の原にあって渋野にないものは、ボールをコントロールする技術の引き出しの多さです。距離が出る原はコントロールしやすいフェードボールで安全に狙うが、渋野は距離が出るドローボールで直線的に狙っているためプッシュにもなるし、ひっかけも出る。海外でも通用するようにスイングを変えましたが、上手くハマらないとスコアを大きく崩してしまう。

 しかし渋野には海外でもがき続けた経験がある。これは原にはないもので、10日からの全米女子OPでは、2人はいいライバルとして日本勢を引っ張ってくれるのでは」

「シブコスマイル」全開なるか。

※週刊ポスト2020年12月18日号

ジャンボ尾崎に師事する原英莉花(時事通信フォト)

ジャンボ尾崎に師事する原英莉花(時事通信フォト)

関連記事

トピックス