芸能

永瀬正敏の存在感は唯一無二「時代が追いついた」との評も

(時事通信フォト)

3人の映画通が俳優・永瀬正敏の魅力を語る(時事通信フォト)

『私立探偵 濱マイク』シリーズで知られる、林海象監督7年ぶりの新作映画『BOLT』が公開された。主演を務めるのは俳優・永瀬正敏(54)。2013年の映画『彌勒 MIROKU』以来、劇場で久しぶりに林×永瀬のタッグが観られると話題だ。50代半ばにさしかかった永瀬は、本作でどんな魅力を放っているのだろうか。

『BOLT』は、3つのエピソードによって構成されたヒューマン・ドラマ。未曾有の大震災によって原子力発電所で事故が発生し、その後の人生が翻弄されてしまうという、永瀬演じる主人公たちの物語を描く。言うまでもなく、もうすぐ10年が経とうとする東日本大震災および福島第一原子力発電所の事故を題材にした映画だ。

 永瀬が林監督とタッグを組んだ『濱マイク』シリーズが最初に映画として公開されたのは1990年代半ば。すでに20年以上もの年月が経っている。その間、俳優・永瀬正敏が築いてきたキャリアについて、映画評論家の小野寺系氏はこう評価する。

「今回出演する『BOLT』の林海象監督や石井岳龍監督など、娯楽大作より個性派といわれる監督の映画を選び出演することが多いのが、永瀬の特徴です。日本の俳優は芸能事務所の取る仕事を受ける場合も多いですが、永瀬の作品選びは海外の俳優のように主体性があるため、稀有な存在だといえるでしょう。

 海外作品としては、日本の小津安二郎監督に傾倒するジム・ジャームッシュ監督の『ミステリー・トレイン』(1989)に出演した印象が強いです。ジャームッシュ監督は世界の多くのクリエイターに愛されているため、永瀬のネームバリューも高まりました。音楽活動をしていたこともあって、そのロッカーとしての役柄の雰囲気は、海外に対して従来の日本人のイメージを変える役割を果たすことにもつながっています」(小野寺氏)

 一方、元文部官僚で映画評論家・映画プロデューサーの寺脇研氏は、自身が企画およびプロデュースを手がけた2013年の映画『戦争と一人の女』(井上淳一監督)に永瀬が出演した際の演技を振り返りながら、その魅力をこのように述べる。

関連記事

トピックス