ライフ

激辛食の第4次ブーム到来 初心者にもオススメの旨辛系7品

(撮影/浅野剛)

初心者も挑戦しやすい激辛食が続々登場

 コロナ禍で自粛ムードの2020年の冬は、巣ごもり消費で刺激を求めて“おうち激辛”を楽しむ人が増加し、辛い商品も続々登場している。

「1980年代、激辛スナックが人気を集めた第1次ブーム、エスニックフードが登場した1990年代の第2次ブーム、蒙古タンメンやハバネロが話題となった2000年頃の第3次ブームを経て、マー活や麻辣味ブーム真っ只中のいまが、第4次といわれています」と話すのは、1級フードアナリストで激辛料理専門家の金成姫さん。

「辛みは味蕾で感じる味覚とは異なり、口腔内や舌に存在するカプサイシン受容体で感じる痛みに近い感覚。辛いものを食べると発汗を促すとともに、唾液が出て食欲増進効果をもたらします。その一方、食べすぎると粘膜や気管支を刺激して胃痛や胃もたれ、せきや息切れ、痔を悪化させる可能性もあるので注意しましょう」

 と、糖尿病専門医の市原由美江さんは言う。また、管理栄養士の山内寿子さんは、次のように語る。

「辛みがあると薄味でもおいしく食べられるので減塩効果を高めます。そして代謝が上が
って体全体の血行がよくなり、温まる利点もあります」

 では、厳選した激辛食の「初級編」を紹介しよう。量を調節できる調味料や、初心者でも安心の辛旨系をセレクト。苦手な人にもおすすめだ。

●シビ辛チャイナ 蔵-KURA『担々麺』

(撮影/浅野剛)

シビ辛チャイナ 蔵-KURAの『担々麺』

「痺れる辛さの麻辣味好きに食べてほしい」(金さん・以下同)。酸菜魚麺と同じ魚スープに青唐辛子の酢漬けや自家製ラー油と花椒油で辛みを増強。味を完全再現した冷凍品は、店頭で1個833円(通販は4個〜)。

●古樹軒『羊名人』

 羊肉料理用に開発されたスパイスだが「唐辛子や花椒の麻辣にクミンの風味もあり、スパイシー料理に重宝しています」。唐揚げやフライドポテトのアクセントにも絶好。40g・300円。通販可。

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト