ライフ

激辛食の第4次ブーム到来 初心者にもオススメの旨辛系7品

(撮影/浅野剛)

初心者も挑戦しやすい激辛食が続々登場

 コロナ禍で自粛ムードの2020年の冬は、巣ごもり消費で刺激を求めて“おうち激辛”を楽しむ人が増加し、辛い商品も続々登場している。

「1980年代、激辛スナックが人気を集めた第1次ブーム、エスニックフードが登場した1990年代の第2次ブーム、蒙古タンメンやハバネロが話題となった2000年頃の第3次ブームを経て、マー活や麻辣味ブーム真っ只中のいまが、第4次といわれています」と話すのは、1級フードアナリストで激辛料理専門家の金成姫さん。

「辛みは味蕾で感じる味覚とは異なり、口腔内や舌に存在するカプサイシン受容体で感じる痛みに近い感覚。辛いものを食べると発汗を促すとともに、唾液が出て食欲増進効果をもたらします。その一方、食べすぎると粘膜や気管支を刺激して胃痛や胃もたれ、せきや息切れ、痔を悪化させる可能性もあるので注意しましょう」

 と、糖尿病専門医の市原由美江さんは言う。また、管理栄養士の山内寿子さんは、次のように語る。

「辛みがあると薄味でもおいしく食べられるので減塩効果を高めます。そして代謝が上が
って体全体の血行がよくなり、温まる利点もあります」

 では、厳選した激辛食の「初級編」を紹介しよう。量を調節できる調味料や、初心者でも安心の辛旨系をセレクト。苦手な人にもおすすめだ。

●シビ辛チャイナ 蔵-KURA『担々麺』

(撮影/浅野剛)

シビ辛チャイナ 蔵-KURAの『担々麺』

「痺れる辛さの麻辣味好きに食べてほしい」(金さん・以下同)。酸菜魚麺と同じ魚スープに青唐辛子の酢漬けや自家製ラー油と花椒油で辛みを増強。味を完全再現した冷凍品は、店頭で1個833円(通販は4個〜)。

●古樹軒『羊名人』

 羊肉料理用に開発されたスパイスだが「唐辛子や花椒の麻辣にクミンの風味もあり、スパイシー料理に重宝しています」。唐揚げやフライドポテトのアクセントにも絶好。40g・300円。通販可。

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン