ライフ

激辛食の第4次ブーム到来 初心者にもオススメの旨辛系7品

(撮影/浅野剛)

初心者も挑戦しやすい激辛食が続々登場

 コロナ禍で自粛ムードの2020年の冬は、巣ごもり消費で刺激を求めて“おうち激辛”を楽しむ人が増加し、辛い商品も続々登場している。

「1980年代、激辛スナックが人気を集めた第1次ブーム、エスニックフードが登場した1990年代の第2次ブーム、蒙古タンメンやハバネロが話題となった2000年頃の第3次ブームを経て、マー活や麻辣味ブーム真っ只中のいまが、第4次といわれています」と話すのは、1級フードアナリストで激辛料理専門家の金成姫さん。

「辛みは味蕾で感じる味覚とは異なり、口腔内や舌に存在するカプサイシン受容体で感じる痛みに近い感覚。辛いものを食べると発汗を促すとともに、唾液が出て食欲増進効果をもたらします。その一方、食べすぎると粘膜や気管支を刺激して胃痛や胃もたれ、せきや息切れ、痔を悪化させる可能性もあるので注意しましょう」

 と、糖尿病専門医の市原由美江さんは言う。また、管理栄養士の山内寿子さんは、次のように語る。

「辛みがあると薄味でもおいしく食べられるので減塩効果を高めます。そして代謝が上が
って体全体の血行がよくなり、温まる利点もあります」

 では、厳選した激辛食の「初級編」を紹介しよう。量を調節できる調味料や、初心者でも安心の辛旨系をセレクト。苦手な人にもおすすめだ。

●シビ辛チャイナ 蔵-KURA『担々麺』

(撮影/浅野剛)

シビ辛チャイナ 蔵-KURAの『担々麺』

「痺れる辛さの麻辣味好きに食べてほしい」(金さん・以下同)。酸菜魚麺と同じ魚スープに青唐辛子の酢漬けや自家製ラー油と花椒油で辛みを増強。味を完全再現した冷凍品は、店頭で1個833円(通販は4個〜)。

●古樹軒『羊名人』

 羊肉料理用に開発されたスパイスだが「唐辛子や花椒の麻辣にクミンの風味もあり、スパイシー料理に重宝しています」。唐揚げやフライドポテトのアクセントにも絶好。40g・300円。通販可。

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン