芸能

高田文夫氏 伯山、渡部など2020年の「笑芸」世界を振り返る

2020年もいろいろなことがあった「笑芸」

2020年もいろいろなことがあった「笑芸」

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、2020年の「笑芸」の世界を振り返る。

 * * *
 この号が年内は最後だときいていたので2020年でも静かに振り返ろうかなと思っていた矢先、大衆芸能の世界でたて続けに訃報。陽気な私がまたまたショボーン。

 講談界では初の人間国宝となった「怪談の貞水」こと一龍斎貞水(81歳)。伯山の活躍で講談界が少しずつスポットを浴びていくのを見て、少しはホッとされて逝かれたのでは……。

 そこへ“小松のオヤブンさん”小松政夫さん(78歳)が亡くなったとの知らせ。私世代(ガースーと同い年・72歳)は『シャボン玉ホリデー』で植木等の弟子として出てきた頃から見ている。伊東四朗との呼吸のあった名コンビぶりも芸能史に残る大傑作。「どーかひとつ」「あんたはエライ」「もうイヤ、こんな生活」「知らない、知らない、知らない!」「しらけ鳥音頭」そして「電線音頭」の名司会者、小松与太八佐衛門。想い出すだけでおもしろくなってくる。板前役など俳優としてもとても良かった。

 その翌々日は大阪の“横山ホットブラザーズ”の長男であるアキラさん(88歳)が死去された。ノコギリを曲げて楽器にし、叩いてみると“お~ま~えは~、ア~ホ~か”ときこえてきて爆笑という、浪花名物の芸である。

 と、ここまで書いてきたら今ニュースが。「浅香光代(92歳)死去」やっぱり寒さのせいもあるのか、年輩が亡くなっていく。私がつかんでいるニュースではあの人とあの人も危ないという噂もチラホラ。皆なんとかこの冬を乗り越えて欲しい。

 コロナしかなかったこの一年、「笑芸」の世界を密に振り返るとまずこの三ツ。神田伯山の真打昇進襲名披露、志村けんさよなら、そしてアンジャッシュ渡部の胸クソ悪いあのニュースである。多目的トイレと言いながらあいつの目的はたったひとつだった。相方の児嶋が売れるというスピンオフも。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン