国内

コロナ禍で大災害の恐怖 避難所クラスター発生を止められない現実

コロナ禍で災害が発生した場合、どんな対応に?

コロナ禍で災害が発生した場合、どんな対応に?

 コロナ禍が続くなか明けた2021年だが、夏以降に危惧されるのが災害の発生だ。例年、ゲリラ豪雨や台風で河川の氾濫などが起き、多くの人が避難所生活を余儀なくされる。感染拡大が収まっていなければ、危機的事態が起きかねない。

「自然災害」と「感染症」の組み合わせは、大きな被害をもたらす。1995年の阪神・淡路大震災では避難所で季節性インフルエンザが流行し、2016年の熊本地震ではノロウイルスの集団感染が発生した。

 昨年は本土への台風上陸が12年ぶりに「ゼロ」だったこともあり、避難所でのクラスター発生などはなかったが、今年もそうなると考えるのは都合がよすぎる。避難所・避難生活学会理事で新潟大学特任教授の榛沢和彦氏が警鐘を鳴らす。

「日本には災害担当の省庁がない。昨年9月の自民党総裁選で敗れた石破茂・元幹事長は創設の必要性を主張してきましたが、政敵にあたる菅首相は実現に動いてこなかった。その結果、全国の市町村がバラバラのマニュアルを作っていて、感染防止を考えた時に大きな問題となりかねない。

 たとえば、感染防止に必須となるのが簡易ベッドです。ウイルスは床付近に多く、30センチ離れるだけで半分に減る。だから床から離れて寝る簡易ベッドが必要なのです。それなのに各自治体の対応にはバラツキがあって、簡易ベッドの備蓄などのための予算の手当ても十分ではないのが現状です」

 新型コロナの感染拡大を受け、避難所の定員は減らされているが、それによる「定員オーバー」という問題も出てくる。

「昨年9月に台風10号が接近して避難勧告が出された際には、各地の避難所で定員超過が起きました。こうした避難所不足の問題への対策も進められていません」(同前)

 もし“避難所クラスター”が続出すれば、どうなるか。最悪の事態を避けるためにも、今から早急な対策が求められるだろう。

※週刊ポスト2021年1月29日号

関連記事

トピックス

スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
ニュージーランド戦を訪れた広瀬すず。日本は勝利
【バスケ界の“勝利の女神”】広瀬すずが日本代表戦を観戦 ドレスにバスケシューズのコーデで登場、選手と記念撮影も
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン
“ハシゴ不倫”の芝翫と妻・三田寛子
《三田寛子は達観》中村芝翫「家族揃っての親睦会」から「愛人の誕生日パーティー出席」の“ハシゴ不倫” 「周囲を警戒しながら、いそいそと邸宅へ…」
NEWSポストセブン
『朝だ!生です旅サラダ』を卒業する神田正輝(『下町ロケット』インスタグラムより)
《不測の事態に備える現場》神田正輝『旅サラダ』卒業の舞台裏「トーク中に突然倒れないか」番組サイドの“体調危惧”ともう1つの理由
NEWSポストセブン