国内

コロナ禍で大災害の恐怖 避難所クラスター発生を止められない現実

コロナ禍で災害が発生した場合、どんな対応に?

コロナ禍で災害が発生した場合、どんな対応に?

 コロナ禍が続くなか明けた2021年だが、夏以降に危惧されるのが災害の発生だ。例年、ゲリラ豪雨や台風で河川の氾濫などが起き、多くの人が避難所生活を余儀なくされる。感染拡大が収まっていなければ、危機的事態が起きかねない。

「自然災害」と「感染症」の組み合わせは、大きな被害をもたらす。1995年の阪神・淡路大震災では避難所で季節性インフルエンザが流行し、2016年の熊本地震ではノロウイルスの集団感染が発生した。

 昨年は本土への台風上陸が12年ぶりに「ゼロ」だったこともあり、避難所でのクラスター発生などはなかったが、今年もそうなると考えるのは都合がよすぎる。避難所・避難生活学会理事で新潟大学特任教授の榛沢和彦氏が警鐘を鳴らす。

「日本には災害担当の省庁がない。昨年9月の自民党総裁選で敗れた石破茂・元幹事長は創設の必要性を主張してきましたが、政敵にあたる菅首相は実現に動いてこなかった。その結果、全国の市町村がバラバラのマニュアルを作っていて、感染防止を考えた時に大きな問題となりかねない。

 たとえば、感染防止に必須となるのが簡易ベッドです。ウイルスは床付近に多く、30センチ離れるだけで半分に減る。だから床から離れて寝る簡易ベッドが必要なのです。それなのに各自治体の対応にはバラツキがあって、簡易ベッドの備蓄などのための予算の手当ても十分ではないのが現状です」

 新型コロナの感染拡大を受け、避難所の定員は減らされているが、それによる「定員オーバー」という問題も出てくる。

「昨年9月に台風10号が接近して避難勧告が出された際には、各地の避難所で定員超過が起きました。こうした避難所不足の問題への対策も進められていません」(同前)

 もし“避難所クラスター”が続出すれば、どうなるか。最悪の事態を避けるためにも、今から早急な対策が求められるだろう。

※週刊ポスト2021年1月29日号

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン