国内

阿部定、太宰治 生死をかけた危険な「日本の禁断愛」の形

aa

“禁断愛”はいつの世も女性たちの心を揺さぶる

 古くから、人々の大きな関心実なり続けているのが「恋愛」だ。日常にあるようなささやかな恋愛はもちろん、普通に暮らしていたら味わうことができないような“禁断の愛”もまた、人々の興味をひく。たとえば、韓国の令嬢と北朝鮮の軍人の愛を描く韓国ドラマ『愛の不時着』などは、まさに“禁断の愛”を描いて人気となった作品だ。

 さらに、人々の興味はより深い部分へと進んでいく。単に“禁断の愛”というだけでなく、生死が絡んでいくような壮絶な愛が、世間を騒がせることも少なくない。コラムニストの辛酸なめ子さんの視点を混じえ、日本社会を揺るがした愛の形を振り返る。

危険な情事の深みに堕ちて

 アブノーマルな世界だからこそ自分のすべてを曝け出してしまいたい。踏み込めば抜け出せないそこは危険地帯……。

【阿部定】

 1936年5月18日、東京・荒川区の待合(いまでいう「ラブホテル」のようなところ)で阿部定(消息不明)が愛人の石田吉蔵(享年42)を殺害。局部を切り取って逃亡した。石田は定が住み込みで勤める料理屋の経営者で、事件は駆け落ちの途中で起きた。

 ふたりは交わりの際に首を絞める、いわゆるSMプレーで快楽を高める行為を行っており、主に定が石田の首を絞めていたという。情事の後、眠る石田を見た定は「吉蔵を永遠に独占するためには殺すしかない」と考え、腰ひもで絞殺。石田の遺体に「定」と刻み、シーツに「定吉二人キリ」と血文字を残し逃走。2日後に逮捕された。

「阿部定は仲居になるまでに、芸者や高級売春婦として生計を立てていました。ずっと男から性の道具として消費されていて、どこかに男性に対する恨みや怒りがたまっていた。それが、局部を切り取るという行為につながったのだと思います。

 愛人との間に愛はあったと思いますが、ふたりの関係に希望はなかった。堕落しながら首絞めプレーを極めていけば、そこに残るのは死しかありません。ワケあり人生で辿り着いた阿部定が愛人と出会ったとき、もしかしたら、すでにふたりはそうした最悪の結末を予感していたのかもしれません。阿部定はそんな負のオーラを醸し出す魅力的な女性だったのでしょう」(辛酸さん)

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト