芸能

たかの友梨「コロナ禍こそ美容の力が必要」とオンラインエステ開始

エステティシャンの技術向上のため、エステコンペティションを毎年開催している。たかのさんは審査委員長を務める

エステティシャンの技術向上のため、エステコンペティションを毎年開催している。たかのさんは審査委員長を務める

 新型コロナウイルスは美容業界にも大きな打撃を与えた。創業43年を迎えるエステティックサロン「たかの友梨ビューティクリニック」も例外ではない。前回の緊急事態宣言時には休業を、現在は時短営業を余儀なくされている──。美のカリスマでもある会長・たかの友梨さん(73才)は、このコロナ禍をどのように考えているのだろうか。その胸中に迫った。

 * * *
 私は50年以上、美容業界に携わってきましたが、これまでにいろいろな経験をしました。

 16才のとき、群馬県の理容店に住み込みで働き、定時制の高校に通いながら仕事と勉強を両立させてきました。学校から戻ると、技術習得のための練習。眠い目をこすりながら、日々、技術を磨いていましたが、人の2倍3倍努力をすれば、必ず前に進んでいけることを実感しました。

 理容師になって4年、20才で上京し、都内の理髪店で働くようになりました。そこで「これからは男性も美容室で髪を切る時代になる」と実感し、通信教育で勉強し、理容師、美容師の国家資格をとりました。

 振り返れば、私はなんでも思い立ったらすぐに行動に移すタイプでした。当時、新聞で「パリでエステが流行している」という記事を見れば「これだ!」と思い、単身フランスへエステ修業へ。1972年のことでした。

 本場フランスで8か月間、エステを基礎から学び、帰国後に会社を立ち上げ。そのときに考案した美顔器を発売したところ、これがヒット。そのタイミングで知人女性が、「あなた、美容師の資格があって、フランスでエステも学んできたんだから、美顔器を売るだけじゃなく、エステサロンを開いたら?」と背中を押してくれて、資金も都合してくださったんです。幸運なことに、ほかにも支援してくれるというかたがいらっしゃって、私はそのとき、「お金を借りたと同時に、私を応援してくださるかたがたの勢いをお借りしたんだ」と人のありがたみを感じました。

 とはいえ、40年を超す歩みですから、すべてが順風満帆ではありません。2008年のリーマン・ショック時は世界的不況による打撃を受けました。

 そうしたことが収まったと思ったら、新型コロナウイルスが来たのです。社会全体に自粛ムードが漂い、経済活動も縮小していく中で、どう対応すべきかを考えました。

 新型コロナウイルスは私だけに来たわけではないし、この業界だけに来たわけではない。日本だけでもないし、世界中に等しく脅威が来ている──そう思うと、ひとりで重荷を背負い込むわけではない、と気持ちが少しだけ楽になりました。

関連キーワード

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
ダイエット前の三谷アナ(写真/ロケットパンチ)
三谷紬アナ、10キロダイエット企画に「無理させすぎでは」と心配の声も 実は「バズり作戦」か
NEWSポストセブン
ダンディーな色気が増す中井貴一
中井貴一、佐藤浩市…活躍続ける“ネオカンレキ”俳優、「中高年の星」とは違う魅力
NEWSポストセブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった
『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン