芸能

ジャニーズも活躍 男性アイドルが忍者作品と相性がいい理由

嵐は…

ジャニーズのアイドルも忍者役で活躍(時事通信フォト)

 最近の時代劇には、男性アイドルが多数出演しているが、中でも彼らの演技が見事にハマると評判なのが忍者役だ。最近の男性アイドルたちの活躍ぶりを振り返りながら、コラムニストで時代劇研究家のペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 まもなく2月22日。にゃんにゃんにゃんで猫の日として知られるが、「ニンニン忍者の日」でもある。NHK大河ドラマ『麒麟がくる』では、岡村隆史の忍びにも注目が集まった。そこで話題になっているのが、この日、時代劇専門チャンネルで放送されるジャニーズWEST、関西ジャニーズJr.出演の青春忍者映画『忍ジャニ参上!未来への戦い』である。

 物語の舞台は徳川家康が幕府を開き、50年ほど泰平の世が続いたころ。西の若き忍びカザハ(重岡大毅)フウト(小滝望)ホウジ(平野紫耀)ソラ(神山智洋)キスケ(向井康二)ら五人は厳しい修行を積んできたが、泰平の世に忍びはいらないと、解散を言い渡されてしまう。仕方なく辻斬り、火付けなど悪をやっつける義賊として名を売って郡山新田藩に雇ってもらおうと活動を始めた彼らは、東の忍び二人組のハヤテ(森本慎太郎)カゲマル(京本大我)とあるものの争奪戦を繰り広げることに…。
 
 映画公開は2014年。義賊活動に積極的なカザハと慎重派のフウトとの対立など、チームの友情や世の厳しさに立ち向かう若者の姿が描かれるが、やっぱり見せ場は忍者アクション。時代劇の本場・京都太秦で走る!跳ぶ!木に登る!手裏剣飛ばす!ひっくり返る! 現在、King & Prince、SnowMan、SixTONESとして活躍するメンバーの貴重なシーンとともに京本大我の父・京本政樹や若林豪などベテラン陣との共演場面もある。お宝作品と言われるのもよくわかる。

 そもそもアイドルと忍者は相性がいい。時代劇のスタッフに聞くと、身体能力はもとより、相手のいるアクションでは、音感・リズム感も重要なのだ。特に殺陣の場面の詳しい内容は台本には書かれておらず、現場で細かい動きが決定することがほとんど。その点、歌と踊りを得意とする彼らは、覚えもよく動きがいいという。

 確かに時代劇のセリフや座敷での立ち居振る舞いよりも、屋外でのアクションのほうが、彼らは断然光る。黒い忍者装束で武器を構えて勢揃いし、アイドルらしいカッコよさを前面に出してキメて見せる力もある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
中森明菜は1982年10月、新宿音楽祭で審査員特別奨励賞を受賞。『少女A』でブレイクした最中の受賞だった(写真/女性セブン)
【仕掛人たちが語る聖子vs明菜の分岐点】松田聖子は新しいアイドル像を求めた聖子、アーティストへ舵を切った明菜 1984年という“特異な1年”
週刊ポスト
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
NEWSポストセブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン