国内

写真で振り返る橋本聖子氏 いつも隣には“父”と慕う森喜朗氏がいた

 夏冬合わせて7回の出場経験を誇る“オリンピックの申し子”橋本聖子氏(56才)が、東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長に就任した。“問題発言”で退任した森喜朗氏(83才)の後任だが、2月18日の会見では「政治の師でもある森先生は、大変特別な存在」「正していくべきものと継承するものといろいろある」とした橋本氏。たしかに橋本氏の隣にはいつも森氏がいた。

1988年(時事通信フォト)

1988年、ソウル五輪に自転車代表として出場(時事通信フォト)

●1988年
 カルガリー冬季五輪のスピードスケートで5種目入賞の快挙を果たし、同年にソウル五輪に自転車代表として冬夏出場。“聖子フィーバー”が起きた。

(時事通信フォト)

銅メダルを獲得(時事通信フォト)

●1992年
 アルベールビル冬季五輪のスピードスケート1500mで3位入賞。日本人女性初の冬季五輪銅メダルを獲得し、「五輪の申し子」の名をほしいままに。

(時事通信フォト)

森氏が政界入りを後押し(時事通信フォト)

●1995年
 参院選に自民党から立候補し初当選。政界入りを後押ししたのは当時幹事長を務めていた森氏。出馬会見では「父」と慕う言葉も。

(時事通信フォト)

橋本氏の三女を抱く森氏(時事通信フォト)

●2000年
 三女のせいかちゃんを森氏に抱かせる橋本氏。森氏のにこやかな表情は“孫”を抱くおじいちゃんそのもの。

(時事通信フォト)

バンクーバー五輪からの帰国時(時事通信フォト)

●2010年
 自身が団長を務めたバンクーバー五輪から帰国し、高橋大輔選手、浅田真央選手を見つめる橋本氏。高橋氏とは2014年に「無理チュー」セクハラ報道が話題になった。

(時事通信フォト)

2019年、初入閣(時事通信フォト)

●2019年
 9月に五輪担当相として初入閣を果たす。

(時事通信フォト)

力強くポーズ(時事通信フォト)

●2020年
 東京五輪開催に向け、森氏を訪問。満面の笑みでガッツポーズ。IOCの会議では、隣に座った森氏と綿密な打ち合わせをする姿も。

(時事通信フォト)

新会長に就任(時事通信フォト)

●2021年
 新会長に就任し、記者会見する橋本氏。

※女性セブン2021年3月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト