• TOP
  • ライフ
  • 美容整形 切らずにたるみを解消する「ハイフ」とはどんな施術か

ライフ

2021.03.08 16:00  女性セブン

美容整形 切らずにたるみを解消する「ハイフ」とはどんな施術か

aa

ハリ感がアップするというアサミ美容外科の「ハイフ」(撮影/北原千恵美)

 年をとって骨がやせるとともに、皮膚が雪崩のように落ちるのがたるみの原因。そんなたるみを解消するために、プチ整形を受けたいという声も多い。女性セブン読者2715人を対象に美容整形に関するアンケートを実施したところ、「プチ整形を受けてみたい箇所」1位が「シミ・ほくろ・そばかす・肌のくすみ」、2位が「ほうれい線・ほおのたるみ、目の下のたるみ」だった。

 そんな「たるみ」を解消するのが、切らずにリフトアップできると話題のハイフや、即効性抜群のヒアルロン酸注射などだ。それらが一体どんなものなのか、実際に行われている施術を紹介する。

◆ハイフ

●ハイフ/アサミ美容外科

Before

Before(撮影/北原千恵美)

After

After(撮影/北原千恵美)

【価格】顔(1000ショット)2万4750円~
【ダウンタイム】ほぼなし(直後は赤くなることあり)
【施術時間】約20分
【通院頻度】3~6か月おき

 ハイフは真皮層のさらに奥にあるSMAS筋膜に超音波を当て、熱ダメージによって筋膜を凝縮させて皮膚を引き締めるしくみ。また、刺激を与えることで自然治癒作用が働き、コラーゲンが生成されてハリ感がアップする効果も。

「それほど痛みもなく、施術後も赤みが残るくらいでダウンタイムがほぼないので人気です。直後でも、シュッとした感じが実感できます。ただ、50代以上は一度で劇的な効果は難しいでしょう。ほおは半年に1度、目の周りは月に1度の施術を」(アサミ美容外科渋谷院院長・浅見善康さん)

・アサミ美容外科 渋谷院
東京都渋谷区宇田川町36-2 ノア渋谷12F

●ソノクイーン/品川スキンクリニック

ああ

目元の小じわにも効果が期待できる「ソノクイーン」(写真/品川スキンクリニック提供)

【価格】1万6500円(ほお120ショット)
【ダウンタイム】ほぼなし(まれに赤みが2〜3日続く)
【施術時間】約20分
【通院頻度】約6か月

「痛みを最小限に抑えられる最新のマシンです。照射パワーが3種類から選べるので、フェイスラインのたるみだけでなく、目の周りなど皮膚の薄いところに照射して目元の小じわを改善させることもできます」(品川スキンクリニック品川本院院長・清水脩介さん)

 施術直後よりも、1か月後くらいがいちばん効果が見えるそう。

・品川スキンクリニック 品川本院
東京都港区港南2-5-3 オリックス品川ビル6F

●スーパーハイフ/共立美容外科・歯科

ああ

顔のリフトアップに効果が期待できる共立美容外科・歯科の「スーパー―ハイフ」(撮影/北原千恵美)

【価格】8万8000円(顔全体シングル180ショット)~
【ダウンタイム】ほぼなし(赤みやはれが数日続くことあり)
【施術時間】約30分
【通院頻度】約6か月おき

「リフトアップといえば、10年前までは糸で皮膚を持ち上げていたものですが、いまは切らずに小顔になれるハイフが人気です。エステサロンでも行われていることもありますが(非医療用ハイフ使用)、医療施設のマシンのほうが超音波の出力パワーが強いため、引き締め効果も断然違いますよ」(共立美容外科・歯科 新宿本院 医師・川上勉さん)

 3種類の出力の超音波を使い分け、その人の悩みに応じて医師が的確な照射を決めて施術する。浅い照射を用いれば目の周りや口元などデリケートな部分も可能。クリーム状の麻酔を塗ってくれるので、痛みに弱い人も安心して受けられる。

・共立美容外科・歯科 新宿本院
東京都渋谷区代々木2-9-2 久保ビル7F

関連記事

トピックス