ライフ

コロナ禍で増えるクロゴキブリ マンションの6階まで移動可能

巣ごもり生活でゴキブリが急増(イラスト/カツヤマケイコ)

巣ごもり生活でゴキブリが急増(イラスト/カツヤマケイコ)

 コロナ禍でのステイホームで、冬の間も自宅で暖房を使用する時間が増加。その結果、ゴキブリにとって快適な環境ができてしまい、その数が急増しているという。害虫駆除サービスなど生活に関する出張・訪問サービスを提供する「くらしのマーケット」では、昨夏1か月間のゴキブリ駆除依頼が前年同月比で238%も増加しているのだ。

 ここにきて、猛威を振るうゴキブリだが、これまで住宅にすみ着いてきたのはクロゴキブリだった。しかしいまは、家庭にいなかったはずのチャバネゴキブリにも警戒をしなくてはならなくなっている。実験用に害虫を育て管理する飼育員・有吉立さんはこう語る。

「チャバネゴキブリはビルや飲食店など、室温が20℃以上あるような比較的安定して暖かい場所にすみ着く生態があります。彼らの特徴は冬の間も休眠せず、クロゴキブリに比べて卵から成虫になるのが早いのです。

 いまはコロナ禍で、家の中を20℃以上に保つことも簡単にできるので、階下にテナントや飲食店があるマンション等は、チャバネゴキブリの侵入にも警戒すべきでしょう」

 コロナ禍では感染のリスクに怯えるだけでなく、ゴキブリの恐怖にも備えないといけないのである。

 では、彼らは一体どこに潜んでいるのか。

「ゴキブリは夜行性で暗いところを好みます。自分の背面と腹面が障害物に当たるような狭い場所が好きですね。家具や家電と壁の隙間、ゲーム機、電話機、エアコン、それからベランダの植木鉢の下などに潜んでいることが多いです」(有吉さん)

関連記事

トピックス