ライフ

ほうれい線を消すための美顔トレーニング「10秒割り箸スマイル」

aa

口輪筋を鍛える!「10秒割り箸スマイル」

 マスクをしているからと、気が緩んで口元のアンチエイジングを怠っている人も多いのでは?  でも、人から口元を見られない、しゃべらない。そんな時代だからこそ、トレーニングのチャンスでもあるのだ。

 ミス・ユニバース・ジャパンでの指導経験もある歯科医師・口もと美容スペシャリストで、『マスクしたまま30秒!! マスク老け撃退顔トレ』(集英社)著者の石井さとこさんは、口輪筋(口の周りを囲む筋肉。使わないとたるんでほうれい線が深くなるという)を含む顔の筋肉は、どれも細くて薄いため、意識しないとなかなか動かしにくい、と話す。

 しかしその一方で、口まわりには顔全体の表情筋の7割が集まっているため、口まわりの筋肉のトレーニングを習慣づければ、顔全体が若々しくなるというのだ。

 トレーニングに必要なものは、鏡と一膳の割り箸だけ。割り箸を使うのがもったいなければ、普通の箸や歯ブラシなどを代用してもいい。

【1】まず、割り箸を横にして、左右の長さができるだけ均等になるように犬歯で噛んでくわえる。

【2】その状態で、口角が割り箸より上になるように、口角と頬をグーッと引き上げて笑顔をつくり、10秒間キープする。その後、表情を元に戻す。

 1日1回行えば、早ければ2週間ほどで効果が実感できるという。

「表情筋は繊細な筋肉なので、勢いをつけるのではなく、“グーッ”とゆっくり優しく持ち上げるようなイメージで口角を上げてください。割り箸を噛む力は弱くてOKです。

 おすすめは、朝の歯磨きの後に行うこと。血流がよくなって、顔のむくみも改善します」

「割り箸より上に口角を上げるのがきつい」「笑顔というより泣いているような顔になる」という人は、日頃、笑顔をつくる意識が足りていない証拠。毎日繰り返して、慣れてきたら、キープする時間を長くしてみるといい。

 続けるうちに、ほうれい線は薄くなり、マリオネットラインや二重あごも改善するだけでなく、目がパッチリと大きくなる効果も期待できる。

「口輪筋のまわりには、口角挙筋や大小の頬骨筋など、笑顔にかかわる筋肉が多いので、口輪筋を動かすと、同時に目元の筋肉も連動し、たるんだ目元がスッキリします。

 また、意識的に笑顔をつくると、脳は“笑っているということは、私はいま楽しいんだ”と錯覚します。すると、幸せホルモンのセロトニンや、心身を元気にして意欲を湧かせるドーパミンなどが分泌され、ストレスを軽減したり、脳を活性化する働きもあるのです」

 セロトニンは、うつの予防や認知機能の改善にも役立つとされている。1日10秒間、口角を上げて笑顔をつくるだけで、若々しさと健康が手に入れられるのだ。

 石井さんは、笑顔は若さと健康を引き寄せる最高のエクササイズだと語る。気持ちが沈みがちないまこそ、マスクの下でも、キュッと口角を上げて過ごしたい。

イラスト/中島慶子

※女性セブン2021年4月8日号

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト