• TOP
  • 国内
  • 千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

国内

2021.04.13 07:00  週刊ポスト

千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

千代田区立麹町中学校が注目される理由は?

千代田区立麹町中学校が注目される理由は?

「髪型も服装も自由」「宿題なし」「中間・期末テスト廃止」──こんな改革を行なう公立中学がある。都内の千代田区立麹町中学校だ。先進的な教育を行なう同校に、ある異変が起きている。

 * * *
「これまでの通知表は『3』や『4』が並んでいたのに、校長が変わると『1』ばかりに……」

「ずっと『5』を取っていた科目が『2』になったので驚きました」

 そう困惑するのは、3月まで麹町中に子供を通わせていた保護者たちだ。

 永田町や霞が関に近い麹町中は古くから名門として知られ、麹町中から都立屈指の進学校・日比谷高校へと進むのが“エリートコース”とされていた。OBには岸田文雄・元外相やアナウンサーの露木茂氏などがいる。

 そんな麹町中に革命をもたらしたのが、2014年に赴任した工藤勇一・前校長だ。

 それまで都や区の教育委員会の職員だった工藤前校長は、赴任するや担任制度や宿題、定期テストを廃止。生徒の自主性を重んじる改革を断行し、一躍“教育界の風雲児”に。4冊の著書を出版したほか「教育再生実行会議」の有識者メンバーにも名を連ねている。

 中でも注目されたのが、「単元テスト」の導入だ。

 麹町中では宿題や定期テストの代わりに、授業の進捗ごとに単元テストと呼ばれる小テストを受ける。点数が低ければ、納得のいく点数に到達するまで何度でも再テストを受けることができる。

 この方式は、「通知表の評価が上がりやすい」とある教育関係者が言う。

「ほかの公立中学は一発勝負の中間・期末テストの成績で判断されますが、麹町中は繰り返し再テストを受けて好成績を収めれば高評価が得やすい。

 都の教育委員会は毎年、各公立中学の成績割合を公開しており、2019年の麹町中は生徒の45%が数学で『5』を、英語を除く他教科でも生徒の50%超が『4』以上を取っていた。工藤氏は雑誌のインタビューなどでも『生徒全員に5を付けて何が悪いのか』と公言しており、わざわざ住民票を学区内に移す“越境入学者”も絶えなかった」(同前)

 だが、冒頭の保護者のひとりは、「昨年3月に工藤先生が退任してから学校の印象は一変した」と話す。

関連記事

トピックス