• TOP
  • 芸能
  • ミスオブミスの東大2年生「アナウンススクールで基礎から学びたい」

芸能

2021.04.15 07:00  週刊ポスト

ミスオブミスの東大2年生「アナウンススクールで基礎から学びたい」

神谷明采さんが将来の夢やアナウンサーという仕事への思いを語る

神谷明采さんが将来の夢やアナウンサーという仕事への思いを語る

 日本一のミスキャンパスを決める『MISS OF MISS CAMPUS QUEEN CONTEST 2021 supported by リゼクリニック』グランプリに輝いた東京大学2年の神谷明采(かみや・あさ)さん(20)は、これからアナウンススクールに通うという。神谷さんに、グランプリ受賞、将来の夢やアナウンサーという仕事への思いについて聞いた。

──グランプリ受賞の率直な感想はいかがですか。

「実生活ではあまり実感がないのが正直なところです。ダンス系の団体に所属していて、10人くらいの同期とは仲良くなりましたが、今はリモートで大学に行っていないので、それ以外の友達はできなくて。むしろSNS上でのファンの方の反響がすごかったです」

──グランプリ受賞時の記者会見では「人を笑顔にする仕事につきたい」とおっしゃっていましたね。

「ミスキャンパスを通して、周りにアナウンサー志望の方も多くて、私が将来何をしたいか考えた時に、そういうお仕事に興味を持つようになりました。

 昔はまったく別の職業を夢見ていて、中学生にあがった頃は、お昼の刑事ドラマを見て科警研(科学警察研究所)に憧れたり、父の友人に宇宙飛行士の星出彰彦さんがいらっしゃったこともあり、宇宙工学を勉強したいと思った時期もありました。大学受験で文系に進学したので、今は違う将来を考えています」

──受験勉強が大変な時も、メイクや自分の見せ方に気をつけていたんですか?

「受験の時はできなかったのですが、『大学デビューしたい』と思ったので(笑い)、姉にメイクを教えてもらって始めました」

──ミスオブミスの大会では「テレビ朝日アスク賞」も受賞され、これからアスクへ通うそうですね。学びたいことはありますか?

「昔からアナウンサーという職業を意識したわけではなかったので、今はまだ“何が分からないのか分からない”状態だと思います。基礎から学べる機会をいただいたので、精一杯頑張りたいです!」

撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2021年4月16・23日号

関連記事

トピックス