芸能

長澤まさみ『ドラゴン桜』異例の直前クランクインになった理由

『ドラゴン桜』での演技が楽しみな長澤まさみ

『ドラゴン桜』での演技が楽しみな長澤まさみ

 今クールのドラマの中で、最も注目を浴びている作品と言っていいだろう。日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)が4月25日からスタートする。原作は同タイトルの人気コミックで、合理的な思考の持ち主である弁護士の下、落ちこぼれの生徒たちが東大合格を目指す物語。2005年にもドラマ版が放送され、最高視聴率20.3%を記録するほど大ヒットした。16年ぶりの続編でも主人公の弁護士・桜木健二を阿部寛(56才)が演じる。

 生徒役にはKing&Princeの高橋海人(22才)や元欅坂46の平手友梨奈(19才)、加藤清史郎(19才)など、フレッシュな顏ぶれが揃っている。4月14日に行われた記者会見には、スーツに身を包んだ長澤まさみ(33才)も登場。長澤は前作で“東大クラス”の生徒・水野直美役を演じており、今作も同役として出演する。

 彼女が演じる水野は一浪の末、東大に合格。恩師と同じ弁護士の道へ進んだ彼女は、桜木の経営する法律事務所に所属した。今作では、東大合格に向けて受験指導を行うという。会見では水野の心境を「これからやろうとしていることは、桜木先生への恩返しだと思います」と笑顔で語っていた。だが、それはドラマの中だけの話ではなさそうだ。

「実は、長澤さんがクランクインしたのは、記者会見が行われた4月14日、つまり放送日の11日前なんです。主要キャストが、これほどギリギリのクランクインになるのは異例。他のキャストは既に数話を撮り終えていて、1話、2話などは、長澤さんのシーンだけを残していた。

 長澤さんは今、多忙を極めていて、本来ならばこのタイミングでの連ドラ出演は難しかった。そこを『ドラゴン桜のためなら』と、なんとか調整したようなんです」(ドラマ関係者)

 多忙に加えて、コロナ禍というのも影響していた。

「もともとこの続編は、昨年の夏に放送される予定だったのですが、新型コロナの影響で約1年延期になってしまった。すでに決まっていた今年の仕事をずらすわけにもいかず、タイトなスケジュールの中での撮影になってしまったようです。

 長澤さんは年明けから映画『マスカレード・ホテル』の続編、その後も映画『コンフィデンスマンJP』続編の撮影と、大忙し。地方ロケも多く、プライベートもなくてストレスが溜まっていたと思います。ところが、現場では疲れを一切見せませんでした。さすがプロだなと思わされる以上に、この作品への強い思いが伝わってきました」(別のドラマ関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス