芸能

映画通が推薦 GWに観たい「スカッと」&「キュンと」できる作品

 ゴールデンウイークだというのに、コロナ禍でステイホームとなっている人も多いのでは? そんなときには、映画でも観てスカッとしたり、キュンとしたりしたいところ。そこで、映画ライターのよしひろまさみちさんと映画ジャーナリストの立田敦子さんに、おすすめの作品を紹介してもらった。

よしひろまさみちさんのセレクト

・スカっとできる映画
『ヘアスプレー』

スカッとする1本

よしひろさんが選ぶスカッとする1本(C)MMV III New Line Home Entertainment Inc. All Rights Reserved.

太めの女子高生トレーシーが、夢をつかむサクセスコメディー。母親役のトラボルタにも注目。監督:アダム・シャンクマン、出演:ジョン・トラボルタ、ニッキー・ブロンスキーほか。2007年・米。117分。
DVD1800円(税抜)。発売元:アスミック・エース、販売元:KADOKAWA。

・キュンとできる映画
『きみがぼくを見つけた日』

よしひろさんが選ぶキュンとする1本

よしひろさんが選ぶキュンとする1本 (C)2010 New Line Productions, Inc. Distributed by Warner Home Video. All Rights Reserved.

時空をさまよう運命を持つ男が、過去最愛の女性に出会う。監督:ロベルト・シュベンケ、出演:レイチェル・マクアダムス、エリック・バナほか。2009年・米。110分。
デジタル配信中。ブルーレイ2619円、DVD1572円。発売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント、販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント。

 ムシャクシャしているときは、何度も繰り返し観ていて、結末もせりふも頭に入っているのに、それでもなお「好き」が止まらない映画を観るか、これまで観た映画の中で、最高に笑った、何も考えずに爆笑した、っていう映画、このどちらかを観ます。

 おすすめは、前者がアダム・シャンクマン監督の『ヘアスプレー』。人と違うことを個性として受け入れて、同調圧力に負けない強さを持つ、主人公のトレイシーを観ていると、ムシャクシャしていることがバカらしくなってきますよ。

 後者の爆笑映画は、なんといっても『22ジャンプストリート』ですね。この作品は、頭はいいけれど運動音痴のモートンと、運動神経は抜群だけどおバカなグレッグの凸凹警官コンビが繰り広げるドタバタコメディーです。

 次のテーマである“キュン死するラブロマンス”って、結局のところ、自分は絶対にしないけど素敵だなあと思う恋愛が描かれたものなのよね。その点でいうと、『きみがぼくを見つけた日』は最強かも。なんせ、主人公は突然タイムスリップするという特異体質で、そんな彼がどうやって運命の人に出会い、愛を育むかっていうお話です。

 登場人物の誰もが無理スジな設定であるにもかかわらず、「やだ、運命の出会いってあるのね」と希望を持たせてくれるキュン死映画ナンバー1。

 もう1つ挙げるなら、何百回も観ているのに、いつでも新鮮に感じられる『ラブ・アクチュアリー』。観るときのコンディションによって、誰に焦点を当てるか変わってくる群像劇。こちらもぜひ!

【プロフィール】
よしひろまさみちさん/映画ライター、編集者。「ELLE ONLINE」に執筆するほか「an・an」「SPA!」など多数の雑誌で連載中。映画のみならず、音楽、美容、食など幅広いジャンルで取材・執筆を行っている。

関連記事

トピックス

話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
(時事通信フォト)
「納税は個人の自由だろ!」燃え盛る「#確定申告ボイコット」の声 税務署ではクレーム続出 涙目で「なぜ生活が苦しい私たちから…」という女性も
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン