• TOP
  • 芸能
  • 心臓が弱い家系だった田村正和さん 体調不良でやせ細りコロナも追い打ち

芸能

2021.05.20 19:00  女性セブン

心臓が弱い家系だった田村正和さん 体調不良でやせ細りコロナも追い打ち

このポーズはあまりにも有名になった(時事通信フォト)

このポーズはあまりにも有名になった(時事通信フォト)

 俳優の田村正和さんが4月3日に心不全でなくなった。77才だった。私生活をとことん秘匿する美学を貫いた田村さんだが、しばしば漏れ伝わったのが病との闘いだ。

「もともと田村家は心臓が弱い家系で、ご本人も若い頃から心臓があまり丈夫ではなかったそうです。狭心症の発作が出ることもあり、1990年代後半には極秘の心臓手術を受けたと報じられました。その後もことあるごとに重病説がささやかれ、2013年には死亡説が業界を駆け巡りました」(芸能関係者)

 田村さんは2018年2月のドラマ『眠狂四郎 The Final』(フジテレビ系)を最後に田村さんは表舞台から姿を消した。その後の2019年6月に『女性自身』の直撃を受けた際、自らの体調を問われた田村さんはこう答えた。

《う~ん、それは普通かな。前に心臓を悪くして、手術もしたからね。だから無理はできないんです。生きるうえで、体はいくつになっても大切だからね》

 手術をしたことを認めながら体調は「普通」と語ったが、その後、田村さんに異変が生じていた。

「その年の暮れに田村さんは、都内の有名病院に入院しました。人知れず隠居生活を続けるなかで体調不良をきたし、緊急手術を受けたと聞いています」(田村家と親しい関係者)

 体調不良でやせ細っていくなか、追い打ちをかけたのが新型コロナだった。

「手術後に療養生活を続けるうちに新型コロナが蔓延し、最初の緊急事態宣言が出されるなど、日本中がパニックに陥りました。特に高齢で持病のある田村さんは、未知のウイルスの脅威にさらされて疲弊する日々が続きました。今年になっても状況は改善せず、都内の別の有名病院に通うようになりました」(前出・田村家と親しい関係者)

※女性セブン2021年6月3日号

田村正和さんの私生活はあまり公にならなかった

田村正和さんの私生活はあまり公にならなかった

Tシャツ姿で街を歩く田村正和さん

Tシャツ姿で街を歩く田村正和さん

近年は仕事をセーブしていた(2012年撮影)

近年は仕事をセーブしていた(2012年撮影)

逝去の報に多くからファンが悲しみの声があがった

逝去の報に多くからファンが悲しみの声があがった

古畑任三郎は一大ブームになった

散歩する姿もサマに

関連記事

トピックス