ビジネス

広がる中古スマホ市場 14年前に創業した業界大手社長の「先見の明」

「携帯市場」の粟津浜一社長

「携帯市場」の粟津浜一社長

 スマートフォンのはじめとする携帯電話端末の新品出荷台数が伸び悩んでいる。ICT市場専門のリサーチ・コンサルティング企業であるMM総研が今年2月10日に発表した「2020年国内携帯電話端末の出荷台数調査」によれば、2020年におけるスマートフォンの出荷台数は前年比1.3%増なのだが、フィーチャーフォン(旧来の携帯電話=いわゆるガラケー)は36.3%減にもなっている。両方を合わせた出荷台数は3246.5万台で、2007年以降で最低の数字だった。

 ガラケーが減ってスマホが増えたと見えなくもないが、両者の増減率を比べてみれば、ガラケーの減少率をスマホの増加率がカバーしているわけではないことがわかる。

 スマホだけみても、2020年の出荷台数は3007.5万台だが、過去最多となった2017年の3199.4万台には及ばない。スマホの出荷台数も伸び悩んでいるのだ。

 その大きな原因が、2019年10月施行の改正電気通信事業法である。この改正で、携帯電話の通信料金と端末代金が完全分離されることになった。それまではキャリア(通信業者)の長期間の契約で端末代を割り引くプランで、端末は「実質ゼロ円」が普通の状態になっていた。それによって、キャリアは消費者を獲得していたわけだ。ところが改正電気通信事業法によって、割引施策に制限がかかることになった。

 透明性が高まった一方で、端末代の“見た目の負担感”が大きくなったことで、新品のスマホを購買する意欲は低下した。それは、2020年の新品出荷台数伸びの鈍化が如実に物語っている。

 そうした新品スマホの需要低下と裏腹に、活況を呈している業界がある。それが、中古スマホ業界だ。

 MM総研は2020年3月に発表している「中古スマートフォン市場規模の推移・予測」で、2025年度の中古スマホの販売台数を265万台と予測している

 同調査によると、中古スマホの販売台数は2017年度で154万台、2018年度151万台となっている。それが、電気通信事業法の改正をはさんだ2019年度には163万台と、過去最高を記録。そして、これからも急激に伸びると予想されているのだ。

「やはり電気通信事業法の改正が大きなきっかけになりました。たとえば10万円の端末の割引制限が2万円までになると、8万円は自己負担となるので購買意欲は削がれますよね」というのは、中古携帯業界の大手「携帯市場」の粟津浜一社長である。

 消費者を中古に向かわせるもうひとつの要因もあった。粟津社長が続ける。

関連記事

トピックス

創価学会の「自民党離れ」は今年4月の衆院島根1区補選でも
【自公連立終焉へ】公明党の支持母体・創価学会の「自民党離れ」が進む 岸田首相の「解散やるやる詐欺」に翻弄され“選挙協力”は風前の灯火
週刊ポスト
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト