• TOP
  • 芸能
  • 『ドラゴン桜』が好調の阿部寛 撮影現場では娘が通う学校をリサーチ

芸能

2021.05.29 16:00  女性セブン

『ドラゴン桜』が好調の阿部寛 撮影現場では娘が通う学校をリサーチ

阿部寛

現場ではパパの顔も見せた阿部寛

 5週連続で視聴率2桁キープとなったドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)。数字的には成功だが、現場は苦労が絶えないという。

「とにかく撮影に時間がかかるんです。撮影当日になって大幅にせりふや演出が変わることなんて日常茶飯事ですから」

 テレビ局関係者が、そう苦笑いするように、ドラマの撮影は長い。5月上旬に行われたこの日の撮影も、朝8時から日付が変わる頃までの長丁場だったが、主演の阿部寛(56才)や長澤まさみ(33才)をはじめ、キャスト、スタッフともに誰一人疲れた顔を見せる者はいなかった。

「撮影時間が延びるのは、阿部さんや長澤さんが台本を見ながら“ここはこうした方がいい”とか“なぜこの人たちはこう動くのか”などと、議論するからです。阿部さんも長澤さんもかなり積極的で、納得がいくまで話し合っているんですよ」(前出・テレビ局関係者)

 今クールのドラマでは、視聴率トップの座を独走している『ドラゴン桜』。阿部演じる弁護士資格を持つスパルタ教師・桜木建二による奇抜な勉強法によって、落ちこぼれの生徒たちが東大を目指す学園ドラマだ。

 2005年に放送された前作は大ヒットを記録。本作ではその15年後を描き、偏差値32の龍海学園の再建を依頼された桜木が、東大進学を目指す特別クラス「東大専科」の設立を提案。5月23日に放送された第5話では、東大専科と、桜木の存在を快く思わない理事長が設立した一流大学コースがテストで成績を競うことになり、桜木がユニークな勉強法を打ち出す様子を描いた。

『半沢直樹』とほとんど同じ制作陣ということもあり、スタッフのこだわりも強く、セットやカメラワークの確認などで待ち時間が発生することも多いが、その時間を利用して阿部は生徒役の若手俳優たちと積極的にコミュニケーションをとっているという。

「生徒役の俳優には、有名大学に通っている子が多いんです。阿部さんは彼らと談笑しながら、“校風はどう?”“どんな授業が面白いの?”と、聞いて回っているんですよ」(ドラマ制作スタッフ)

関連記事

トピックス