芸能

『ドラゴン桜』が好調の阿部寛 撮影現場では娘が通う学校をリサーチ

阿部寛

現場ではパパの顔も見せた阿部寛

 5週連続で視聴率2桁キープとなったドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)。数字的には成功だが、現場は苦労が絶えないという。

「とにかく撮影に時間がかかるんです。撮影当日になって大幅にせりふや演出が変わることなんて日常茶飯事ですから」

 テレビ局関係者が、そう苦笑いするように、ドラマの撮影は長い。5月上旬に行われたこの日の撮影も、朝8時から日付が変わる頃までの長丁場だったが、主演の阿部寛(56才)や長澤まさみ(33才)をはじめ、キャスト、スタッフともに誰一人疲れた顔を見せる者はいなかった。

「撮影時間が延びるのは、阿部さんや長澤さんが台本を見ながら“ここはこうした方がいい”とか“なぜこの人たちはこう動くのか”などと、議論するからです。阿部さんも長澤さんもかなり積極的で、納得がいくまで話し合っているんですよ」(前出・テレビ局関係者)

 今クールのドラマでは、視聴率トップの座を独走している『ドラゴン桜』。阿部演じる弁護士資格を持つスパルタ教師・桜木建二による奇抜な勉強法によって、落ちこぼれの生徒たちが東大を目指す学園ドラマだ。

 2005年に放送された前作は大ヒットを記録。本作ではその15年後を描き、偏差値32の龍海学園の再建を依頼された桜木が、東大進学を目指す特別クラス「東大専科」の設立を提案。5月23日に放送された第5話では、東大専科と、桜木の存在を快く思わない理事長が設立した一流大学コースがテストで成績を競うことになり、桜木がユニークな勉強法を打ち出す様子を描いた。

『半沢直樹』とほとんど同じ制作陣ということもあり、スタッフのこだわりも強く、セットやカメラワークの確認などで待ち時間が発生することも多いが、その時間を利用して阿部は生徒役の若手俳優たちと積極的にコミュニケーションをとっているという。

「生徒役の俳優には、有名大学に通っている子が多いんです。阿部さんは彼らと談笑しながら、“校風はどう?”“どんな授業が面白いの?”と、聞いて回っているんですよ」(ドラマ制作スタッフ)

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン