• TOP
  • 国内
  • 富士山噴火シミュレーション 発電所停止、スマホもPCも使用不可に…

国内

2021.06.15 07:00  週刊ポスト

富士山噴火シミュレーション 発電所停止、スマホもPCも使用不可に…

富士山噴火の被害をシミュレーション(時事通信フォト)

富士山噴火の被害をシミュレーション(時事通信フォト)

 今年3月、富士山火山防災対策協議会が改定した富士山噴火のハザードマップでは、想定される噴火口(側火口)の数を従来の44か所から252か所に、溶岩の噴出量予測を2倍に引き上げた。

 富士山噴火による影響への警戒が強まるなか、社会や経済へはどんな被害を及ぼすのだろうか。

火山灰は東京・千葉まで降り注ぐ

今年改定されたハザードマップは火山灰の降灰予測を更新していない。ただし前回2004年に東京23区、千葉、茨城などに2㎝以上の降灰が指摘されている

火山灰の到達範囲シミュレーション

 今年改定されたハザードマップは火山灰の降灰予測を更新していない。ただし前回2004年に東京23区、千葉、茨城などに2cm以上の降灰が指摘されている。

火山灰+停電で「日本は昼でも真っ暗に」

ライフラインにダメージ(時事通信フォト)

ライフラインにダメージ(写真はイメージ。時事通信フォト)

 上空を浮遊する火山灰が太陽光を遮断し、宝永噴火では昼でも夜のような暗さになった。さらに現代では発電所をストップさせ、長期にわたる大規模停電が発生。

火山灰で精密機器はパーに PCもスマホも使えない

火山灰はPCやスマホにも影響(写真はイメージ。時事通信フォト)

火山灰はPCやスマホにも影響(写真はイメージ。時事通信フォト)

 火山灰には細かな粒子が多く含まれるため、コンピュータが吸い込むと内部に付着し、正常に作動しなくなる。結果、首都機能の多くは維持できなくなる。

関連記事

トピックス