• TOP
  • 国内
  • 自民・武井俊輔議員 “当て逃げ”事故被害者が激怒した不遜な態度

国内

2021.06.18 07:00  週刊ポスト

自民・武井俊輔議員 “当て逃げ”事故被害者が激怒した不遜な態度

事故の2日後、囲み取材に応じた自民党・武井俊輔衆院議員(写真/共同通信社)

事故の2日後、囲み取材に応じた自民党・武井俊輔衆院議員(写真/共同通信社)

 6月8日、東京・港区の六本木交差点で当て逃げ事故が発生した。車を運転していたのは、自民党・武井俊輔衆院議員(46・当選3回)の60代男性秘書だ。

 車は交差点を左折する際、青信号の横断歩道を自転車で渡っていた自営業の50代男性と接触。しかしそのまま走り去ったため、男性が200メートルほど追跡して声をかけた。後部座席には武井議員も同乗していた。

 武井議員は事件発覚後、「被害に遭われた方に対し深くお詫び申し上げますとともに、誠意をもって対応させていただく所存です」とコメントした。

 しかし被害者の男性は「誠意とはほど遠い対応でした」と明かす。

「事故の瞬間、プリウスを運転していた秘書と目が合い、私は『危ないだろう!』と大声で怒鳴りました。車はその時、スピードを緩めた。秘書は実況見分で『接触に気がつかなかった』ととぼけましたが、車のフェンダーには30センチほどの傷もあった。実況見分した警察官は『気がつかないはずないだろう!』『まずは被害者に謝りなさい』と怒っていましたね」

 武井議員の対応も納得のいかないものだった。

「議員は車から降りてきても無言のまま。私が『何か言葉はないのですか』と訊ねても、『私は関係ないので』と言うばかり。『車の所有者か使用者であれば関係ないことはないでしょう』と問い質すと、『まぁ……』とつぶやいて私と距離を置きました。

 記者会見では“お騒がせしてすみません”と深々と頭を下げていましたが、誰に対して謝っているのかと白けました。いまだ議員から直接の謝罪はありません」(同前)

 この事故で、武井議員の車は車検と自賠責保険が切れた状態だったことも判明した。

「事故の時、急に車をよけて体をひねったので、左足にねんざと打ち身、しびれがあります。すぐに病院で診察を受けましたが、武井議員から事後対応を任された弁護士は“治療費は立て替えておいてほしい。領収書は弁護士事務所に持参するか、郵送して”と。上から目線にもほどがある」(同前)

 武井議員にも取材すると、こう返答があった。

「弁護士を通じて議員本人が謝罪している旨を伝えてもらうとともに、加害者である運転者にも誠意をもって対応するように指示をしています。なお、被害者には、お見舞い金をお渡ししたい旨を告げましたが、残念ながら受け取ってもらえませんでした」(武井事務所)

関連記事

トピックス