芸能

西城秀樹が47歳で授かった長女に「こんな幸せが訪れるなんて」

昭和の大スターも晩年は病気に苦しんだ(時事)

昭和の大スターも晩年は病気に苦しんだ(時事)

 芸能界には今も徒弟制度が残っている。言葉やマニュアルにできない「芸」や「しきたり」を身に付けるには、それが手っ取り早いからでもある。『週刊ポスト』(6月18日発売号)では、昭和のカリスマの師弟関係を特集しているが、その特別版として、2018年に急逝した歌手・西城秀樹さんと付き人だったお笑いタレント・みっちーさんの師弟関係を紹介する。みっちーさんは、西城さんの生前は「付き人だったことをウリにしてはダメだ」と自分に言い聞かせて、二人の関係を公言することはなかった。死後に感謝の気持ちを語るために経歴を明かしたみっちーさんに、改めて西城さんとの思い出に聞いた。

 * * *
 西城さんの付き人をしていたのは2002年から1年半くらいです。実は、西城さんに憧れてとか、歌手になりたくて、といった理由ではなかったんです。

 当時僕は25歳で俳優を目指していたのですが、時折エキストラに呼ばれるくらいで芽が出ませんでした。あるとき求人情報誌を見ていたら、「歌手の運転手募集」とあって、芸能界を裏方から見るのも勉強だと思って応募したんです。歌手が誰かもわかりませんでしたが、最初の面接で西城さんだと知らされ、次の面接では西城さんにお会いしました。

 だから本当は師弟と呼べる関係ではなかったかもしれないのですが(笑)、第一印象は「快活な兄貴みたいな人」でしたね。でも、芸能界の大スターですから、ちょっと怖いなあとも思っていました。それで採用されて、西城さんの自宅に近いアパートに住んで運転手兼付き人として働き始めました。

 最初の頃の印象ですか? スターって本当に身の回りのことは何もしないんだなあって(笑)。家の中でクリーニングに出す服を集めて回ったり、シーツを換えたり、着替えを手伝ったり、洗車もします。道順なんかも結構うるさく言われましたね。いや、これ悪口じゃないですよ(笑)。

 とにかくよくご飯を食べさせてもらいました。週4回くらいは外食で、ゴルフの打ちっぱなしで知り合った財界の大物とか芸能界の人とか、分け隔てなく仲良くなられる人で、僕も同席させてもらいました。「自分は食えない時代が辛かったから、周りにはそういう思いをさせたくない」とおっしゃっていました。

 よく覚えているのは二人だけで近所の焼肉店に行ったときのことです。ちょうどご長女が生まれたばかりでしたが、「こんな幸せが訪れるなんて思わなかったなあ」と本当にうれしそうに言うんです。僕が「日本レコード大賞とか、すばらしいことはいっぱいあったじゃないですか」と言うと、「それよりずっと幸せなんだ」と、しみじみ話すんですよ。あれほどの大スターでも、子供の存在というのは特別なんだなあと感じました(※西城さんは46歳で結婚し、47歳で長女を授かった)。

関連キーワード

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン