ライフ

油、牛肉、そば…相次ぐ食料品値上げの原因は「爆食チャイナ」だった

油、牛肉などの食料品値上げが家計に打撃…(写真はイメージ)

中国で牛肉などの需要が伸びている(写真はイメージ)

 食料品の値上げが家計を苦しめている。目立つのが食用油だ。日清オイリオグループは家庭用商品を8月から1kgあたり50円以上引き上げると発表した。同社は今年4月と6月にもそれぞれ20~30円値上げしており、年3回の値上げは過去最高。昭和産業やJ-オイルミルズも3度目の値上げを明らかにした。

 消費経済ジャーナリストの松崎のり子氏が指摘する。

「食用油は輸入大豆を原料としていますが、中国の大豆需要が急増した煽りを受けています。いち早くコロナ禍から回復した中国の“旺盛な需要”は国内生産分だけでは賄えず、世界的に大豆の需給を逼迫させている。

 農水省の『海外食料需給要レポート』によると、今年は中国の大豆輸入が1億トンを超えると予測され、日本国内の価格への影響は今後も注視する必要があります」

 食用油を原料に使うマヨネーズも値上げされる。キユーピーは7月出荷分から約2~10%、同じく味の素も最大10%の値上げを予定している。

 大豆需要急増の煽りを受けたのが、そばだ。

「中国政府は国内で大豆やトウモロコシの作付けを奨励し、農家に補助金を出している。その結果、ほぼ日本向けだったそば栽培からの切り替えが進んでいます」(外食ジャーナリストの中村芳平氏)

 そばチェーン店の多くは中国産のそば粉に頼っており、製粉大手の日穀製粉は3月、中国産原料を使ったそば粉の値段を1kg70円程度上げた。

関連キーワード

関連記事

トピックス