芸能

立川志の八 師匠・志の輔譲りの二部構成で名人の魅力的な人物像を提示

立川志の輔の二番弟子、立川志の八(イラスト/三遊亭兼好)

立川志の輔の二番弟子、立川志の八(イラスト/三遊亭兼好)

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接してきた。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、立川志の輔の二番弟子、立川志の八独演会についてお届けする。

 * * *
 立川志の輔が下北沢の本多劇場で圓朝作『牡丹灯籠』全編を2時間半で語る公演は今や夏の風物詩。今年も8月2日から6公演行なわれる。

 その本多劇場で志の輔の二番弟子、立川志の八が5月9日に独演会「しのはちの覚悟2021~左甚五郎」を無観客で生配信した。8日には有観客で行なうはずだった公演が緊急事態宣言発出により中止となり、翌日の配信公演のみとなったもの。前半は志の八が甚五郎伝説を探るドキュメンタリー映像とトーク、後半は志の八がこの公演のために創作した落語『眠り猫』。こうした二部構成はまさに志の輔譲りだ。

『眠り猫』は三代将軍家光による日光東照宮の“寛永の大造替”を舞台とする物語。大棟梁の甲良豊後守は日光に全国各地から職人を集め、甚五郎に江戸の職人の束ね役を頼んだが、甚五郎は二代目政五郎を推挙して自らは固辞。豊後守は若い政五郎の後見を甚五郎が務めることを条件に了承、甚五郎には奥社への回廊の門に彫刻をするよう命じた。

 だが日光では江戸の職人への反発は強烈で、日光の職人を束ねる金蔵の嫌がらせは執拗を極めた。甚五郎が彫り上げた眠り猫を豊後守は「大権現様が望んだのは猫がのんびりと眠れる太平の世。さすが名人だ」と絶賛したが、欄間に据えた途端その猫が目を開け、唸り声を上げた。金蔵の憎悪が火種となって全国から集まった職人の間に諍いが絶えず、猫が安眠できないのである。

 金蔵が「この猫は疫病神、叩き壊せ」と煽ると、怒り心頭の政五郎は殴り込みをかけたが、押さえ込まれて謹慎処分。裁きは“喧嘩両成敗”だが金蔵は収まらない。決着をつけるため甚五郎が金蔵の許へ行くと、金蔵は「その右腕を落としてもらおう」と迫る。無理を承知の嫌味だったが、甚五郎は平然と「右腕一本でいいのか」と差し出し、切り落とさせた。「喧嘩両成敗、お前の腕ももらおうか」と言われた金蔵は泣いて許しを請い、これを機に職人の諍いがなくなると、眠り猫は安心して目を閉じた。名人が右腕を失ったことを嘆く政五郎。だが甚五郎は「見くびるんじゃねえ! 俺は“左”甚五郎だ!」と力強く宣言してサゲ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン