スポーツ

HR王の先に…大谷翔平に最高峰の栄冠 日米の国民栄誉賞ダブル受賞計画

大谷翔平への評価

大谷翔平への賛辞が止まらない(写真/AFLO)

「この惑星で最高の選手」──7月2日、大谷翔平選手(27才)が所属するロサンゼルス・エンゼルスと対戦したボルチモア・オリオールズの監督は、大谷選手をこう絶賛した。この日、ベースボールの神といわれる伝説のメジャーリーガー、ベーブ・ルースの記録を実に102年ぶりに塗り替えたのだ。

「ベーブ・ルースは年間で10試合以上に投手として登板し、かつ29本のホームランを打つという、二刀流としての記録を持っていました。しかしこの日、大谷選手は2本のホームランを放って、30本に到達。ピッチャーとしてもすでに10試合以上に登板しているので、“神”の記録を更新したことになります。まさに、名実ともに“100年に一度の逸材”となったわけです」(スポーツ紙記者)

 記録更新後もホームランの量産体制は続いており、日本時間7月5日には、31本目を放ち、松井秀喜氏(47才)が持つ1シーズンの日本人最多記録に並んだ。奇しくもこの日は大谷選手の27才の誕生日。自ら誕生日に花を添えた。そして7月8日には32本目を放ち最多記録を更新した。この活躍であれば、初選出のオールスターでも、投打にわたって輝きを見せるに違いない。

 二刀流を難なくこなす卓越した野球センスに加え、193cmの長身と筋肉質な体に、温厚な性格。まるで野球マンガの世界から飛び出してきた主人公のような大谷選手には、いま、野球通以外からも熱い視線が注がれている。

「現地に熱狂的な女性ファンが急増しています。一緒に写真を撮ろうとしたり、なんとか接触を図ろうとする人もいます。試合中、日本語で“私とデートしませんか”と書いたボードを掲げる女性までスタンドに現れ、中継でも話題になりました」(前出・スポーツ紙記者)

 こうしたフィーバーを受けて、日本ではある準備が進められているという。

「政府が国民栄誉賞の授与を検討しているようです。野球選手では2013年に松井さんが受賞していますが、松井さんの持つホームラン記録を塗り替えるのは確実。シーズン終了時にホームラン王を獲得すれば、日本人初ですし、可能性はかなり高まるでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

 政治状況も授与を後押しする。というのも、これまで、国民栄誉賞は内閣支持率の起爆剤として使われてきた側面がある。

「菅政権は、コロナや五輪対応の失敗で支持率を下げていますし、衆院選の前哨戦である都議会議員選挙でも予想外の苦戦を強いられました。大谷選手への授与で政権の苦境を打開しようと検討しているという声が聞こえてきます」(全国紙記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン