芸能

三浦春馬さん 遺骨、遺産、最後の部屋…深い思いが交錯する一周忌

三浦春馬さんが牧師と会ったのは1度だというが…(時事通信フォト)

三浦春馬さんが暮らしていた部屋は、今も住人はいない(時事通信フォト)

 俳優の三浦春馬さん(享年30)が亡くなってからまもなく1年が経過する。映画にドラマにCMに引っ張りだこだった三浦さんの死に、誰もが大きなショックを受けた。ファンたちの三浦さんへの変わらない思いもあれば、流れる時間によって少しずつ変わってきたこともある。生前、三浦さんが暮らしていた都内にあるマンションの部屋は現在、空室になっている。しかし、次の入居者は募集されていない。

「空き部屋になったのは、今年の春頃ですかね。いまでも、マンションの前にファンのかたが手を合わせに訪れることが時々あって、ファンの間ではマンションの場所は知られているようなんです。

 もし新しい住人を募集したら、熱心なファンのかたがたが借りて“聖地”のようにファンが集う場所になる可能性もありますよね。最悪の場合、そこで同じように……と考える人が出てきかねないから、空き部屋になっているんじゃないでしょうか」(マンションの住民)

 一般的に、自死などがあった部屋を新たに貸し出すには、事前に告知することが不動産業者に対して義務付けられている。

「賃貸借については、居住者の自殺や他殺といったいわゆる“心理的瑕疵”があった場合、事案の発生から3年の間は、告知を義務化する動きがあります。それを避けるため、あと2年間は空き部屋のままになることも考えられます」(不動産関係者)

 主のいなくなった部屋からは、主の愛用の品もすべて引き上げられた。それらはすべて、三浦さんの実母の手元にあるという。そして、遺骨も、である。

「三浦さんのお墓はいまだにありません。というよりも、お母さんはお墓を建てるつもりはないようなんです。ずっとそばにいてほしいというのが、お母さんの願いのようなので、周りの人たちもその思いを尊重しています。ただ、われわれとしては、命日に手を合わせたり、線香の一本もあげたいところなんですがね……」(三浦さんの知人)

 三浦さんは、生前の活躍にふさわしい、まとまった額の遺産も残していた。

「多くの芸能人が住む高級住宅街から、やや離れた場所に住んでいたため、“お金がないのでは”と噂されましたが、それはまったく違います。軽く億を超える預貯金が残されていました。三浦さんは、不動産にも興味がなかったし、散財するタイプではなかったですからね……」(芸能記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン