ライフ

『チェンソーマン』アニメ化を機に「ネクストブレイク」を確信する人たち

ネクストブレイクへの期待が高まる(アニメ『チェ‌ン‌ソー‌マ‌ン』‌公式サイトより)

ネクストブレイクへの期待が高まる(アニメ『チェ‌ン‌ソー‌マ‌ン』‌公式サイトより)

 近年、大きな社会現象となった『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴・作)ブーム。『週刊少年ジャンプ』連載中からその人気に火がつき、2020年10月に公開された『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、国内での歴代興行収入1位を記録。「世界で最高興行収入の日本アニメ映画」カテゴリーで、『千と千尋の神隠し』を抜きギネス世界記録にも登録された。

 鬼滅ブームに続いて、新たなブームを巻き起こしているのが、おなじく『週刊少年ジャンプ』で連載中のマンガ『呪術廻戦』(芥見下々・作)だ。「呪い」にフォーカスした異能系バトルの緻密な作り込みや、個性的なキャラクターたちが人気の要因になっており、海外でもNetflixでアニメを見ているときの反応を動画撮影した、いわゆる“リアクション動画”をSNSにアップするファンも多い。

 6月4日よりユニクロとコラボしたTシャツ(UTコレクション)が発売されると、完売続出となり、作中で最強のチートキャラとして人気の高い五条悟のグラフィックTシャツは、オンラインサイトでもXSから4XLまでが即完売した。

 そんな鬼滅ブーム、呪術ブームに続いてネクストブレイクの呼び声が高いマンガのひとつとして注目されているのが、『チェンソーマン』(藤本タツキ・作)だ。第1部「公安編」は、今年はじめまで『週刊少年ジャンプ』で連載され、第2部「学校編」は『少年ジャンプ+』にて連載予定となっている。2021年6月時点で、コミックスの累計発行部数は1100万部を突破、2021年には小学館漫画賞(第66回)を受賞している。

 2020年12月にテレビアニメの制作が発表され、2021年6月28日にはアニメのティザーPVが公開された。すると即座にTwitterでトレンド入りを果たすし、PVの動画再生回数は、7月7日時点ですでに720万回を突破している。

ティザーPV公開で海外アニメファンも反応

 少年漫画に詳しい30代ライター・Aさんは、アニメが着火点となり『チェンソーマン』は国内外で大ヒットするのではないか、と分析する。

関連記事

トピックス

石破茂元幹事長が語った(時事通信フォト)
石破茂氏、自民の旧統一教会問題に提起「党として関係断つなら、教団解散を検討すべき」
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
巨人・坂本勇人の女性スキャンダル 報じない新聞・テレビは「SNS全盛時代に通用しない」と疑問の声
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
NEWSポストセブン
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト