スポーツ

1964年東京五輪「折返点」のドラマ アベベの独走と君原氏が語る重圧

マラソン折返し地点ではどんなドラマが?(1965年に建立された記念碑)

マラソン折返し地点ではどんなドラマが?(1965年に建立された記念碑)

 いよいよ東京五輪の開幕が近づいている。五輪の花形競技といえばマラソン。一般道で競技を行うからこそのドラマがあった。1964年の前回の東京五輪でも、マラソンでは激しい戦いが繰り広げられた。

 1960年のローマ大会では裸足だったが、シューズを着用して東京五輪に出場したのがエチオピアのアベベ・ビキラ選手。トップで折返点を回り、独走して五輪2連覇を果たした。当日は沿道を15万人の観衆が埋め尽くしたという。折返点付近には、調布市と市体育協会によって1965年に記念碑が建立されている。

 1964年の10月18日には、小雨の降るなかで50km競歩が行われた。それを記念して競歩折返記念碑と標識が現在、府中市の甲州街道沿いに立っている。

 そんな注目競技において、開催国の期待を背負う選手たちは、どんな気持ちなのだろうか。1964年の東京五輪で、23歳で男子マラソン代表として戦った君原健二氏は言う。

「戦後19年で奇跡的な復興を遂げた東京での五輪に、国民の期待は相当なものでした。当時23歳の私に日本の代表はあまりの重圧。つらすぎて『楽しめばいい』『いや、日本のために頑張らなくては』という気持ちで揺れ動いていました。冷静さを欠いていたと思います。

 沿道のものすごい声援に後押しされましたが、中盤以降から身体が重くなり、思うような結果を出すことができませんでした。円谷幸吉君は銅メダルでしたが、控室で悔しそうな表情をしていたのを覚えています」

 君原氏の東京五輪での成績は8位。ライバルだった円谷幸吉氏(1968年1月に27歳で他界)の無念を、次のメキシコ五輪で晴らし、銀メダルに輝いた。

※週刊ポスト2021年7月30日・8月6日号

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン